梅雨 髪のうねり、広がる原因と対策(乾かし方、シャンプー)

梅雨の時期。
朝せっかくセットしたのに、会社に着くころには、うねったり、ひろが

ったり、クセが出てしまったり。
これってどうにかならないかと思ってしまいます。

今日は、梅雨の時期の髪の毛対策をお伝えします。

髪がうねったり広がったりする原因と対策、シャンプーや乾かし方など

、雨の日に強いヘアーにする方法をご紹介します。

スポンサードリンク

梅雨の髪 うねりや広がる原因は?

梅雨の日に髪の毛がうねったり広がったりする原因は「湿気」です。

普段の髪の毛の水分量は約10%。それが梅雨時には湿気を吸うことで、

1.5倍にも広がるんです。

また、髪の毛は乾かした時の水素結合によって形が作られています。湿

気を吸うとその水素結合が崩れてしまい、元のクセが出てしまいます
そのため、ヘアスタイルも崩れやすいです。

また、傷んだ髪も湿気で広がったり、うねったりする原因になります。

髪はキューティクルで髪の内部の水分量をコントロールしています。

髪が傷んでキューティクルがはがれたり、毛羽立ったりすると、健康な

髪に比べてそこから水分が侵入し、たまりやすくなります。

髪に水分がたまると、その部分が膨張してうねる原因に。
うねった髪は1本1本が違う形になってしまうため、広がる原因にもなり

ます。

つまり、キューティクルが美髪をキープするカギを握っているんです!

では、梅雨の日うねり、広がる対策はどうしたらいいんでしょうか?

梅雨の髪 対策は?

髪の乾かし方、ドライヤーの使い方にちょっと気を付けることで美髪のキープするカギであるキューティクルの状態は変わってきます♪

ドライヤーの使い方

まず、ドライアーをかけるときに、洗い流さないトリートメントつかうと髪が熱から保護されるので、傷みにくくなります。

そして、髪を乾かすときは、髪が生えている方向に合わせて、根元から乾かします。

基本的には、髪を後ろで半分に分け、分けた部分から前に向かって、手ぐしでとかしながら乾かすようにします。
前からドライヤーをあてて乾かすと、髪の生えている方向と違うため、根元がふくらんだり、うねる原因になります。

キューティクルを引き締める髪の乾かし方

キューティクルは髪の表面にうろこのように重なり合っていて、温めると開き、冷めると閉じる性質があります。
この性質をうまく利用することで、髪のうねりを抑えて、ツヤをアップすることもできます。

キューティクルを引き締める方法は簡単です。
入浴後、ドライアーで髪を乾かした後、冷風に切り替えて1分ほど当てるだけ。

スポンサードリンク

これによって、開いていたキューティクルをキュッと引き締めることができます。

キューティクルは髪の根元から先に向かって重なりあっているので、それに逆らわないよう根元から毛先に向かって手ぐりでとかしながら冷風をあてると、さらに効果的です。

美容院でブローしてもらうとつやつやの髪になりますよね。
それは、髪の生えている方向に逆らわない乾かし方と、冷風でキューティクルと引き締めているからです。

朝、髪をセットしたらスタイリング剤を使う

ドライヤーの使い方や乾かし方をしっかりやっていても、湿気が多いときは、水分が髪に入り込んでしまいます。

それを防ぐためには、朝、髪をセットしたらスタイリング剤を使いましょう。

せっかくセットした髪型がくずれてしまうのは、髪の内部の水素結合が切れてしまうから。
セットした後にブロー用のスタイリング剤を使うことで、水素結合を切れにくくすることができます。

髪のダメージを防ぐシャンプーを使う

髪が傷んでいる部分(キューティクルがはがれているところ)は、水分が侵入しやすいです。
このような場合、洗浄力の強いシャンプーで洗うとさらにキューティクルがはがれる原因になり、髪のうねりや広がりにつながります。

髪にダメージがある場合には、アミノ酸系の髪にやさしいシャンプーを使うことで、髪のうねりを少なくすることにつながります。

アミノ酸系のシャンプーは洗浄力は弱いですが、丁寧に洗うことで、髪や頭皮の汚れは十分落とすことができます。

思い切って髪型を変える

髪は毛先から傷みます。
うねりや広がりが気になる場合は、毛先の傷んだ部分をカットすることで、広がりを少なくする効果があります。

また、髪型でも違います。
シャギーが多く入ったヘアスタイルは、髪と髪の間に余分な水分を取り込みやすく、広がる原因にもなります。

梅雨の時期にオススメはボブスタイルなど重めのカット。
髪と髪の間に水分が入りにくくなるので、湿気の影響を受けにくくなります。

天然パーマでどうしてもうねっちゃう前髪は、まとめてポンパドール風にしたり、毛先が傷んでいるけど切りたくない場合には、傷んだ髪は巻きやすいのを逆手にとって、アイロンでカールしてポニーテールにするなど、髪型を替えてみるのも気分転換になりますよ♪

まとめ

梅雨の髪対策、いかがでしたか?

ちょっとドライヤーの使い方に気をつけることで、髪の状態はかなり違います!
私も、これを始めたら、自分の髪がサラッとなるのに驚きました。

梅雨の時期、ドライヤーの使いかただけで髪のうねりや広がりを完全に抑えるのは難しいですが、髪形を変えたり、時には結んだり気分転換しながら、梅雨を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>