日焼け止めは下地の前に塗る?併用は必要?混ぜるのは?

暑くなってくると紫外線が気になりますね。
紫外線をカットするには、日焼け止めは毎日欠かせないアイテムです。

今日は、日焼け止めと化粧下地を併用することについて、
日焼け止めは化粧下地の前に塗るのか?
化粧下地にSPFが入っている場合、併用する必要があるのか?
2つを混ぜるのはOKか?

日焼け止めと化粧下地の関係について、お伝えします。

スポンサードリンク

日焼け止めは化粧下地の前?塗る順番は?

日焼け止めと化粧下地を両方使う場合は、基本は日焼け止めが先です。

日焼け止めは紫外線を防止するのが目的なので、まず、顔全体に均一にむらなく塗るのが基本です。

一方、化粧下地の役割は、肌をなめらかに整えたり、後に使うファンデーションのつきやノリをよくすること。
そのため、化粧下地⇒ファンデーションと続けて使わないと、せっかくの化粧下地の効果が薄れてしまいます。

日焼け止めと下地の併用は必要か?

日焼け止めと下地の併用が必要かどうかは、使っている日焼け止め、化粧下地の種類や肌質にもよります。

コントロールカラーなど顔色を補正したり、肌をなめらかにしたり、しみやくまなど見えにくくすることに重点が置かれた化粧下地は、日焼け止め効果(SPF値)がなかったり、低くて十分でないこともあるので、その場合に紫外線を防ぎたいなら日焼け止めとの併用が必要でしょう。

また、オイリーな肌質だと日焼け止めだけでは、どうしてもテカりがちになり、お化粧も崩れやすいです。

日焼け止めだけだと、SPF値は高く紫外線対効果はあるけど、ファンデーションのつきが悪い、ノリが悪い、ヨレたりすることがあります。

日焼け止めと化粧下地は併用することで、紫外線対策ときれいな肌を両立することができます。

最近は、化粧下地にも使える日焼け止めや、SPF値の高い化粧下地もあります。

スポンサードリンク

メイクはしっかりしたい+紫外線を浴びる時間が長い、こんな時は、日焼け止めと下地の併用。

メイクはそれほど必要ないという時には、下地にもなる日焼け止めを使うなど、TPOにあわせて使い分けるものいいでしょう。

日焼け止めと化粧下地を混ぜるのはあり?肌に悪い?

日焼け止め⇒化粧下地⇒ファンデーションって、けっこう面倒ですよね
忙しい朝には特に!

そんなとき、日焼け止めと化粧下地を混ぜるのはどうなんでしょう?

日焼け止めと下地を混ぜて使っても、重ねて使った場合に比べて肌に悪いということはないと思われます。
(もしかしたら成分的に相性が悪いものもあるかもしれません)

でも、混ぜて使うのは×です。

その理由は、日焼け止め、化粧下地それぞれの効果が発揮できなくなってしまうから。

まず、日焼け止めは、既定の量を塗ることでそのSPF値を発揮することができます。
混ぜることで日焼け止めを使う量が少なくなると、せっかくの紫外線防止効果は落ちてしまいます。

また、上に書いたように日焼け止めは全体的に均一に塗ることが必要ですが、化粧下地は肌の気になるところをカバーするもの、均一にというわけにはいかないですよね。

それに、混ぜることで、化粧下地の本来の効果、肌をなめらかにしたり、ファンデーションのつきをよくするなどの効果が薄くなってしまったり、商品の相性によっては、固まったり、もろもろが出てしまうことも考えられます。

朝、両方塗ってる時間がないー!というのであれば、化粧下地としても使える日焼け止めや日焼け止め効果のあるファンデーションを使うのがおすすめ。
メーカーが研究を重ねて、効果を発揮できるよう成分を配合しているからです。

スポンサードリンク

併用すると日焼け止めを塗った後のべとつきが気になるのであれば、ティッシュで軽く抑えてから化粧下地を使うとべとつきが抑えられますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です