梅雨の曇り 洗濯物は外に干す?早く乾かす方法、ちょっとしたコツ

梅雨洗濯物
梅雨の時期の洗濯物、どうしてますか?

テレビの情報番組で、梅雨時、主婦の悩み第1位が「洗濯物が乾かない」と言ってました。

子供がいると洗濯物の量も増えます。
洗濯しないわけには行きません。

今日は、梅雨の洗濯物について、

1.曇りの場合、外干し、部屋干しどっちがいいのか?
2.洗濯物を早く乾かす方法、ちょっとした工夫

この2つをご紹介します。

スポンサードリンク

梅雨の曇り、洗濯物は外に干す?室内干し?

曇りの日の洗濯物、外に干すと室内干し、どっちがいいかと言えば、外干しです。

洗濯物が乾かすために必要なのは、日が当たるのもちろんですが、湿度が低いことと風通しがいいことも必要です。

曇っていても風が吹いているようなら、部屋干しよりも風があたる分、外の方が早く乾きます。
特に、朝の9時頃~14時くらいまでは、一日のうちでも湿度が低い時間帯です。

今にも雨がふりそうな曇りならともかく、うす曇りといった感じなら、外に干したほうが早く乾くでしょう。

そして、もう1つ外干しをおすすめする理由が紫外線

梅雨の時期は菌が繁殖しやすい時期でもあります。

これを抑えるには、洗濯物をしっかり乾燥させることも大切ですが、紫外線にあてることで殺菌する効果があります。

この時期、曇っていても紫外線量は意外と多いから、日焼けに注意なんて聞きますよね。

晴れた日の紫外線量を100とした場合、曇りの紫外線量は、

うす曇り 70-80
曇り   程度 
雨の日  20-30

意外と紫外線量は多いんです。

雨の日は湿度が高く洗濯物もかわかないのでおすすめできませんが、曇りの日は、洗濯物は外に干すのがおすすめです。

梅雨の洗濯物を早く乾かす方法、ちょっとした工夫

洗濯物は、種類によって乾きやすさも違います。

それぞれの形に合わせて干し方ちょっと工夫をするだけで、乾燥する時間を短くすることができます。

スポンサードリンク

洗濯物が乾きやすいポイントは、「風」です。
洗濯物と洗濯物を間を広げて、風通しをよくすることです。

1.洗濯はこまめに

一度に乾かす洗濯物の量が多くなると、どうしても洗濯物と洗濯物の間が近くなり、乾きにくくなります。

梅雨は、天気の悪い日が続きます。

こまめにお洗濯して、1回に干す量が少ないほうが短時間で乾きます。

2.角ハンガーの干し方

角ハンガーに干すときには、外側に長いタオルや衣類、内側に短いものを干すアーチ型にします。

アーチ型に干した場合の平均的な乾燥時間は4時間。
真ん中に長いものを干すV型、長いもの短いものを交互に干す場合の乾燥時間は4時間半。
アーチ形は、風の通りが一番よく、効率的に乾かせます。

また、綿や厚手の素材など乾きにくいものを外側に、薄いもの、化繊などの素材の乾きやすいものを内側に干します。

3.ワイシャツなど衣類

ワイシャツなどをハンガーに干す場合は、裏返し、ボタンを外す、襟を立ててほします。

生地が重なっていると乾くのに時間がかかります。

裏返しにするのは、乾きにくい縫い目などを外に出すためです。

4.タオルやシーツなど大きいもの

タオルなどを物干しに直接干す場合は、半分にして裾をそろえるのではなく、片方を長くなるようずらします。

5.ズボン、パンツ、スカート

丸ハンガーなどで筒状に、中に空気が通るように干す

6.洗濯物と洗濯物の間をなるべくあける

洗濯物が乾くためには「風通し」が必要です。
干したものの間隔が狭くなると、風は通りにくくなります。
できる限り間を空けるように、広く干して、効率的に乾かしましょう。

check
クリーニングに出しに行くのが面倒で、つい後回しになっていませんか?

自宅で簡単、クリーニングが注文できます。

宅配クリーニング業界で最安水準5点3879円 10点5092円

送料無料・染み抜きも無料です。

↓ ↓ 詳細はこちら ↓ ↓

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>