手足口病は大人にもうつる?感染経路、予防法は?

手足口病は、夏の間に子供の間で流行する病気の一つ。

子供の病気というイメージですが、大人にもうつる可能性がある病気なんです。

しかも、感染してしまうと大人のほうが症状が重くなることが多いです!

手足口病は大人にもうつるのか、その確率は?
感染経路や期間
予防する方法をお伝えします。

スポンサードリンク

手足口病は大人にもうつる病気、感染の確率はどれくらい?

手足口病は発症者の90%が5歳以下の子供という病気です。
そのため、大人にはうつらないから大丈夫と思っている人も多いですが、まれにですが感染することはあります。

大人が感染する確率は1%以下と言われていて、多くはなく、病院にいっても「大人が手足口病なの?」とめずらしがられるくらいです。

注意したいのは、大人が手足口病に感染すると、重症化しやすいこと

子供だと、熱もなく潰瘍も少しできただけで軽くすんでしまったということもよくありますが、大人の場合、3割以上で熱は40度近くでます。

また、手足にできる潰瘍や発疹の数も多く、痛みも強いです。かゆみが伴うこともあります。

口内炎の痛みがすごくてほとんど食べられない、歩けない、物を持てない程の痛い状態が1週間ほど続きます。
また、手足にできた発疹が原因で爪がはがれることもあります。

手足口病 大人の感染経路は?

手足口病の感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染の3つが主なものです。それぞれ具体的に書きます。

スポンサードリンク

飛沫感染

くしゃみや咳によって、手足口病のウイルスが飛び散り、これが鼻やのどの粘膜に付着することで感染します。
ただそばにいて、空気感染することはありません。

接触感染

感染した子供が舐めた唾液や鼻水がついた物をや手や指に触ることで感染します。
発疹も乾いた状態なら感染しませんが、水ぶくれがつぶれている状態に触ると感染する可能性はあります。

糞口感染

便からも手足口病のウイルスは排出され、それに触れることで感染します。
手足口病の症状は1週間ほどで収まることが多いですが、その後、1か月程度は便からウイルスは排出されつづけるので、赤ちゃんのお世話をするお母さんは、特に注意が必要です。

大人の手足口病の場合、感染した子供のおむつを交換した後、手洗いが不十分なまま食品を扱うことによる感染が、実は多いんです。

手足口病 大人が予防する方法は?

手足口病には予防薬やワクチンはありません。
そのため、完全に感染を防ぐことはむずかしいです。

主な予防方法は、風邪と同じくうがい手洗いをしっかり行うこと。

上にも書いたように、おむつ交換が感染原因になってしまうことが多いので、おむつを交換した後は、指先や指と指の間まで丁寧に洗うようにします。

とはいっても、大人が手足口病に感染するのは、まれなこと。
必要以上に心配する必要はありません。

感染してしまうのは、多くの場合体力や免疫力が低下している時です。
ウイルスに対抗するためにも、食生活や生活リズムを規則正しくし、疲れを残さないようしっかり休むなど心がけましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>