上履きの汚れが落ちない!白くする洗い方は?漂白剤は?汚れ防止方法

上履き
子供の上履き、汚れてますよね~。

初めて参観日で見た時、びっくりしました!白い靴なのに、色はグレー。しかも、何回もしつこく言わないと持ち帰らないので、汚れは蓄積していくばかり。。

学期が変わると上靴は毎回新しくしている。。。という友人の話。
聞いたときは「えっーー」って思ったけど、納得です。

上履き洗いに苦労されているママさんも多いと思います。

今回は、
上履きを白くする洗い方(簡単な方法)
漂白剤は使って大丈夫か?
上履きの汚れを防止する方法
をお伝えします。

少しでも、上靴洗いが楽になりますように。。。。

スポンサードリンク

上履きの汚れが落ちない!白くする洗い方(簡単な方法)は?

白い色がグレーになるほど、上履き。
力いっぱい靴用ブラシやたわしでこすっても、まあいっかという程度にしかキレイにならない。。そんなことありませんか?

でも、上履きの白くする洗い方があるんです。

その方法は、

固形石けんを塗りこむこと!

上履きがグレーになる(黒ずみ)の原因は、生地についてしまったホコリや砂、そして汗など。固形石鹸を上履きの布目のに押し込むように塗ることで、石けん成分が繊維の中に入り汚れを密着してくれるんです。

洗い方の手順は、

1.ブラシで軽くこすって、砂など表面の汚れを落とす。
2.靴を水につける
3.固形石けんを水につけ、靴の汚れに塗りこむ。
4.歯ブラシでこする

まだ、汚れが残っているようだったら、

5.食器用洗剤と重層を1:1に混ぜ、まだ汚れている部分に乗せ、歯ブラシでこする

こうすることで歯ブラシでこすっていくうちに、灰色の泡が出ていて生地が白くなっていくのがわかります。とくにゴシゴシと力を入れてこする必要もありません。

5で食器用洗剤と重層を使うのは、石けんではおちにくい汗や皮脂の汚れを落とすためです。
固形石けんだけできれいになれば、それでもOKです。

スポンサードリンク

靴用ブラシやたわしでこすってもいいのですが、毛が固いので、上履きの生地が毛羽立ってしまします。
歯ブラシだと一度に洗える面積が狭いので、食器洗い用のゴワゴワがついたスポンジでもOKです。

簡単にできる方法だし、力もいらないので、子供に自分で洗ってもらうこともできます。
(←おすすめします)

何と言っても自分の上履きだし、洗うことで少しは大切に扱うこともあるでしょう。
母も楽になります。
靴洗いができることで、悪いことはありません。

上履きを洗うのに漂白剤はつかっていいの?

漂白剤には、塩素系漂白剤(ハイターやブリーチなど)と酸素系漂白剤(ワイドハイターやブライトなど)があります。

白くしてくれるのは塩素系漂白剤ですが、こちらは上靴洗いには向いていません。
漂白力が強いので、色がついた部分までごっそり色落ちしてしまいます。

酸素系の漂白剤(ワイドハイタ―など)は、使えます。
繊維の黄ばみを落とすのに向いた洗剤です。
40度くらいのお湯に1時間つけおきして、洗うと効果的です。

上履きの汚れを防止する方法

汚くなることはわかっている上履き。
履く前(洗った後)にちょっとひと手間加えることで、汚れを防止する方法を2つ紹介します。

糊づけする

靴を洗い終わったら、キーピングなど洗濯用のりを水に溶かします。
その水の中に靴を入れて染み込ませます。
その後、しっかり乾かします。

糊の分量を量ってやってくださいね。糊が多すぎるとパリパリになります。

ベビーパウダー

靴が乾いたら、全体的に軽くベビーパウダーをはたいて、余分な粉を落とします。

こんなことで汚れ防止になるの?と思っちゃいますが、靴の生地に入り込んだベビーパウダーの細かい粒子と粒子の間に空気の流れが入り込み、汚れが拡散されることで汚れを防いでくれます。

汚れがついても、簡単にきれいに落とせます。

靴を買ったら、履く前にベビーパウダーしておくといいですよ。

気を付けることは、よーーく乾かしてから、はたくことです。

スポンサードリンク

どちらも汚れを防止するというより、汚れを落ちやすくする方法です。
ちょっとやるだけで、汚れの落ちがよくなるし、簡単なので、試してみてください♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です