金魚も夏バテする?暑さに弱いの?夏の暑さ対策は?

金魚
夏になり、暑くなってきたら、金魚の元気がなくなってきた。。。
底でじーっとしていて、弱っているようだ。

去年、我が家の金魚もそんな感じで弱ってました。

・金魚は夏バテするのか?
・金魚は暑さに弱い?
・夏の暑さ対策は?水温はどれくらいにしたらいい?

夏の金魚についてお伝えします。

スポンサードリンク

金魚も夏バテする?

金魚は比較的強く、飼いやすい魚です。

でも、人間と同じように金魚にも夏バテはあります。

水温が30℃を超えるくらいになると、食欲がなくなったり、動きが鈍くなることもあります。
つまり、夏バテのような状態になります。

金魚は夏の暑さに弱いの?

夏バテもする金魚ですが、暑さにそれほど弱い生き物ではありません。

水温が33℃くらいまでなら大丈夫だとも言われています。

ただ、暑くなってくると、金魚の強さとは別の問題が発生します。

それが、水槽の水温が高くなることで起こる問題。

水温が高くなると、水が酸素を取り込める量は少なくなります。
また、水中の金魚や微生物の代謝もあがり、必要になる酸素量も増えます。
そのため、水中に溶けている酸素量が少なることで、金魚が酸欠になりやすくなります

また、酸素が不足するとバクテリアの働きが極端に悪くなります。
すると、毒性の強いアンモニアが分解されないまま水中に残ってしまい、水質が悪化します。
金魚が弱って動かなくなる、死んでしまう一番の原因は「水質の悪化」です。

つまり、金魚は暑さに弱いわけではないけど、水温が高くなると、

・水中の酸素含有量が低下して、酸欠になる

・水が汚れる速度が速くなり、水質悪化を招く

という、金魚にとってよくない環境の原因になってしまいます。

金魚 夏の暑さ対策は?水温は?

金魚の夏の暑さ対策で必要なのは、水温を上げない(下げる)こと。
できれば、28℃くらいにはしたいところです。

対策方法ですが、氷を使うのはダメです。
氷で水温が下がるのは一時的なものです。
氷が解けて、また入れるを繰り返すと水温が一定せず、金魚にとっては大きな負担になります。

スポンサードリンク

また、水の中で金魚が冷たい氷に触れてしまうのもよくありません。

金魚の暑さ対策方法をいくつか紹介しますね。
ひとつを行うのでなく、水槽の環境にあわせて併用するのが望ましいです。

水槽の場所

日光の当たらない場所、できれば部屋の中よりに置く。
窓にすだれやカーテンをかけて遮光する。

日光にあたると、1日の水温変化が大きくなるだけでなく、コケや藻が生えやすくなりなり、水質の悪化につながります。

こまめに水を替える

1週間に1度、水槽の1/3の水を替えるなどして、水替えの頻度を多くします。

水槽の水を全部一度に変えるのは、水質の変化が大きくなってしまい、金魚にとって負担になります。
1度に変える水の量は少なく、頻度を多くするのがよい水替え方法です。

水道水そのままではなく、塩素をぬいてから変えるようにします。

ファンやクーラーで水温を下げる

水槽用のファンやクーラーを使って水温を下げることができます。

専用のものでなくても、扇風機の風を水面にあてて下げることもできますが、継続的に使うことを考えると水槽専用のものが便利です。

ファンやクーラーは、値段も扇風機なら1000円ちょっと。
クーラーになると数万円になるので、水槽の大きさや必要度に応じて使います。

小さい水槽で、金魚2,3匹なら、このような小さなファンでも水温を2,3度下げることができます。

まとめ

いかがでしたか?

夏になって、金魚の元気がなくなってきた、ぐったり動かなくなってきたという方は、水替えと水温に注意してみてください。

スポンサードリンク

金魚がぐったりしていると病気?かなと思いがちですが、夏は水温上昇による酸素不足や環境悪化が原因になっていることも多いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です