ハロウィン、なぜかぼちゃ?仮装の意味は?トリックオアトリートの意味

ハロウィンかぼちゃ
数年前まで日本では一部の人が行っていたハロウィンも、最近は、ハロウィンパレードが行われたり、友達と集まってパーティーをしたりと多くの人が楽しむようになってますね。

仮装をしたり、パーティーをしていても、ハロウィンって何なのか知らない人も多いでしょう。

私も子供に「ハロウィンってなに~?」と聞かれて、全然答えられませんでした。

ハロウィンについて、
・なぜかぼちゃなのか?
・仮装する意味は?
・トリックオアトリートの意味や返事はどうしたらいいか?

ハロウィンの由来や意味について調べました。

スポンサードリンク

ハロウィンに、なぜかぼちゃ?

ハロウィンに飾られるかぼちゃは「ジャックオーランタン」と言います。
ランプのジャックというような意味ですね。

そして、その由来となる昔話があります。

昔、アイルランドに大酒のみの詐欺師の男「ジャック」がいました。
彼は、素行が悪かったので、死んだあと天国に行けず、悪魔をだましたこともあって、地獄にも行けませんでした。

そのため、ジャックは死んだ後も、魂の安住を求めて世界中をさまようことになりました。
その時に、足元を照らすための火を、少しでも長く燃えるように、中をくりぬいた「カブ」の中に入れました。

これがジャックオーランタンの由来です。
お話のとおり、はじめは「カブ」作られていましたが、ハロウィンがアメリカに伝わったときに、アメリカでカブはメジャーでなく、一方かぼちゃはたくさん採れたので、カブがかぼちゃにかわり、今ではハロウィンのシンボルのひとつとなっています。

ジャックオーランタンは、死んだ人々の魂を表すものとされています。

スポンサードリンク

ハロウィンで仮装する意味、由来は?

では、ハロウィンはなぜ仮装(しかも、悪魔とか魔女など怖いものに)するんでしょうか?

ハロウィンの起源は、古代ケルト人(今のアイルランド)の儀式です。

ハロウィンは、毎年10月31日とされていますが、この日は日本でいう大晦日。1年の終わりの日。

そしてこの夜には、あの世とこの世の境目がなくなり、亡くなった人の魂や、あの世の悪霊がこの世界にやってくると考えられていました。

そのため、人々はあの世からやってくる悪霊たちが自分たちに乗り移らないよう目をくらませるために、子供たちに魔女や死者の仮装をさせて町中を歩かせたのが、仮装の由来です。

もともとは古代ケルト人の風習だったのが、その後、古代ローマの祭りやキリスト今日の伝来によって融合して「ハロウィン」の形として残ったとされています。

トリックオアトリートの意味は?返事はどうする?

最後は、子供たちがお菓子をもらうときに言う「トリックオアトリート」の意味です。

トリックオアトリー「trick or treat」は、「お菓子くれないといたずらするぞ」と訳されることが多いです。
trickはいたずらという意味ですが、treatは、正確に言うと「お菓子」という意味ではなく「接待する、招待する」という意味です。

トリックオアトリートの本来の意味は「いたずらされるか、おもてなしするかどっちがいい?」。
そこで、子供のおもてなしする=子供の好きなものをあげるということで、クッキーやキャンディーをあげる風習になっています。

「トリックオアトリート」と子供に言われた時の返事は、「ハッピーハロウィーン」と言って、お菓子を渡します。

まとめ

意外と知らないハロウィンのこと。

私は、子供に聞かれて言葉につまっちゃいました。。。。

調べてみたら、キリスト教由来のものではなかったり、かぼちゃはもともとはカブだったりと、トリックオアトリートの疑問も解消しました。

スポンサードリンク

これで、しっかり説明できます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です