子供の浴衣 帯の結び方(女の子)とアレンジ(かわいい結び方や花)


夏祭りや花火大会、そしてお盆と浴衣を着る子供も多いです。

兵児帯がきれいに結べると、後姿もかわいく決まりますね。

今日は子供の浴衣、帯の結び方について
・兵児帯の結び方基本や帯が下がってこない方法
・かわいい結び方、簡単にできるアレンジ
・お花のアレンジ

動画と一緒にご紹介します。

スポンサードリンク

子供の浴衣 帯の結び方(女の子)

兵児帯は、ふわふわとした薄い生地でできた帯です。

結び方の基本は簡単。

帯の太さ(幅)と子供の背丈にあわせて、2つ折り、または3つ折にします。
(細い帯はそのままでOK)
帯の中心をおなかにあわせて、胴に2-3回巻いて、背中でちょうちょ結び(リボン結び)をします。
リボンの部分を広げて整えたら出来上がりです。

帯が下がってこない結び方

基本通りに普通に結んだだけだと、時間がたつうちにリボンの部分が下がってきてしまいます。
それを防ぐ結び方がこちら

ちょうちょ結びをする前に、片方の端を帯の下にくぐらせるところがポイントです。

その他にも、基本の結び方をした後、ちょうちょ結びの輪になってない部分(両方)を帯の下にくぐらせて、上から垂らすようにしても、落ちにくくなります。

こちらは大人の動画ですが、帯の結び方は子供も同じです。

大人の場合は、お腹の部分に前板を入れることで、崩れにくくしたり、帯をまわりをすっきり見せることができます。
でも、子供だと前板(帯板)を入れない(持ってない)ことが多いです。
私も持ってません。
その場合は、厚紙を子供に合わせた大きさにして、前板の代わりにお腹の帯の下に入れます。
ストッキングやワイシャツを買った時についてくる厚紙などでOKです。

ただし、子供はよく動くし、帯のことまで気にかけてないので、これらのことをやっても着崩れてしまうこともあります。そんな時は、結び治してくださいね。

子供浴衣の帯 結び方のアレンジ 簡単でかわいい結び方

兵児帯の結び方、簡単にできるアレンジをご紹介します。

リボン結びをダブルに

リボン結びを2回するだけで、華やかさがアップ、普通に結んだのとは違う感じになります。
リボン結びの部分は、動画開始1:00くらいからです。

ヘアゴムを使ってアレンジ

次は、ヘアゴムを使って、簡単にリボン風にアレンジする方法です。

兵児帯を2本使う

兵児帯を2本使えば、結び方は普通にちょうちょ結びをしていても、華やかさがアップしてまた違った雰囲気になります。

兵児帯の色を同色系ではなく、違った色を選ぶのがオススメです。色の組み合わせで、雰囲気が変わるので、いろんなアレンジができます。

スポンサードリンク

子供浴衣の帯 結び方 花

次は、兵児帯1本でできる、ふわふわお花の結び方を2つ紹介します。

お花はボリュームが出て、華やかな感じになりますね♪
小さなお子様の場合は、花の大きさを調整してください。

浴衣花

結び方は、意外と簡単です。
ちょうちょ結びをした後、残りの帯を下にくぐらせていくだけです。

兵児帯は細いものより、長くてふんわりボリュームがあるものを使うと、華やかになるし形もきれいに決まりますよ!

こちらのへこ帯は、上の動画で使用しているような感じのものです。
ハリがあるので形が作りやすく、1本でもボリュームアップできるので、お花のアレンジにおすすめの帯です。
大人用もあって、ママとお揃いにもできます♪

兵児帯を2本使うと、もっと簡単にお花ができます。

★兵児帯2本使った花の結び方
1.お花にしたい兵児帯を、普通にたたみます(じゃばらではありません)
2.真ん中をボムでとめて、リボンの形にします。
3.リボンの部分を1枚1枚広げます。
4.もう1本の兵児帯(胴に巻く帯)をゴムの部分に通して結びます。

これで出来上がりです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>