七五三、3才男の子はやるもの?衣装は被布?袴?レンタルは?

七五三男の子
3才の男の子は七五三、どうしますか?

自分では女の子は3歳、7歳、男の子は5歳と思っていたけど、子供写真のスタジオでは3才男の子も出ているし、ネットで調べると男の子は3歳、5歳というものも。

周りに聞いても、3才でやるという人もいれば、やらない人もいて、どうしたらいいか考えてしまいますね。

今回は、男の子の七五三についてお伝えします。

スポンサードリンク

七五三は3才男の子もやるもの?

3歳の男の子の七五三をやるのかどうかは、地域差によるものが大きいです。

そして、それぞれの歳に由来や意味があります。

七五三 それぞれの歳の由来・意味
★3歳 髪置の儀
男児、女児ともに生まれて初めて胎髪を剃り、この日から長く伸ばし始める。

★袴着の儀
5歳の男の子に初めて「袴」つけさせて、この日から一家の代表として対外的に通用する年齢なったというお祝い

★帯解の儀
女の子がひも付きの子供用着物を着るのを終わりにして、大人と同じように帯を締めるようになる

本来の由来からすると、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と5歳で七五三を行うこととなります。

ただ、男の子の3才と5才では間隔が短いことから、次第に男の子の3歳七五三が簡略化され、行われなくなったということがあります。

それにも地域差がかなりあり、3歳七五三をしっかりやるところもあれば、全く3歳男の子は行わないところもあります。
そのため、現在では、地域によってやったりやらなかったりということになっています。

「男の子の3歳七五三って最近にやるようになったのでは?」と感じる方も多いと思います。
上に書いたように、3歳男の子の七五三は一度は少なくなったものの、核家族化などでだんだんそのうちの風習や伝統といったものが継承されなくなり、インターネットで七五三本来の由来を調べて「男の子もやるんだ」となっていることがあるかもしれません。

また、今では写真スタジオでも宣伝しているので、それを目にして「じゃあ、やろうか」となる方もいるでしょう。

3歳男の子の七五三をやるのもやらないのも間違えではありません。
実際にどうするかは、各家庭の事情や考え方、地域性などを含めてご両親が決めればよいと思います。

七五三 男の子3歳の衣装は被布?袴?

七五三本来の意味からすると、男の子は5歳で初めて袴を着用するということになるので、3歳の衣装は被布になります。

被布とは、着物の上に着る上着、ベストみたいなものです。

子供は着物を着たときに帯をしめずに、紐や兵児帯で結びます。
それを隠すために、上から被布を着ます。
被布は帯をしめる着物よりも着やすいという利点もあります。

被布というと女の子のものでは?というイメージがありますがもともとは江戸時代に茶人や俳人など風流好みの男性が好んで着ていたもの。
男の子が来ておかしいものではありません。

ただ、男の子場合、3歳七五三でも袴を着るという地域もあります。
また、写真スタジオのレンタルに用意されているのもほとんどが羽織袴です。
実際に、被布の子供はまだまだ珍しいように感じます。
一方、お子さんに被布を着せた方は、子供らしくてかわいいといった声も聞かれます。

現在では、着物を着ることがそもそも一般的でないので「袴着」や「帯解」もあまり意味がないことになってます。
子供の成長を喜び、今後の健やかな成長を願う気持ちがあれば、衣装はどちらでもかまわないのではと思います。

七五三衣装 男の子のレンタルは?

七五三の男の子衣装をレンタルするには、写真館の写真と着物レンタルセットを選ぶ、貸衣装や呉服店でレンタルする方法があります。

スポンサードリンク

インターネットでレンタルすることもできます。

インターネットのレンタルだと、値段7000円~15000円位で、往復送料、小物一式レンタルできます。
4980円と格安で借りられるものも!

被布のレンタルもあります。

男の子の場合、1回、多くても2回着るだけになってしまうので、購入するよりレンタルする人が多いです。

簡単な着付け方法の説明もついてきます。
女の子と違って、髪形を着物用にする必要がないので、自分で着付けする方も多いですよ。

★袴の着付けについての記事はこちら★
>>七五三の男の子の着付けは自分でできる? 袴着付けの動画と着付け方、髪型、ヘアアレンジ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>