喪中はがき 出す時期は?遅れた場合はどうする?遅れたときの文例は?

喪中はがきはいつ頃出すもの?

毎年、1,2枚が必ずいただく喪中はがき。
早くに届いていた気がするけど、いざ自分が出すとなるとどうしたらいいのか迷ってしまうかたも多いかもしれません。

今日は、喪中ハガキについて
・出す時期、いつまでに出せばいいのか?
・遅れた場合はどうしたらいいか?
・遅れた場合の文例

喪中はがきの時期についてお伝えします。

スポンサードリンク

喪中はがきを出す時期は?いつまでに出す?

喪中はがきは、その年に家族や身内に不幸があったときに、こちらから新年のご挨拶はできません(年賀状欠礼)を知らせるものです。

出す時期は、新年の始まる前までには、届くようにしなくてはなりません。

相手からの年賀状を拒否するものではないので、ギリギリになってしまってもマナー上は問題ありませんが、あまり遅くなると「年賀状出してしまった!」と相手に気遣わせることにもなってしまいます。

あまり早く出しすぎても、忘れてしまうかもしれません。

ですので、喪中はがきを出すのによい時期は、

11月中旬~12月上旬。

郵便局の年賀状受け付けは12月15日から開始しますので、遅くてもそれよりには届くように投函するのがよいでしょう。

喪中はがきが遅れた場合はどうしたらいい?

12月に身内に不幸があったり、または、そうでないけど、ついつい喪中はがきを出す時期を逃してしまった。。。

そんな時は、どうしたらいいのでしょうか?

喪中はがきはの本来の意味は、こちらから新年の挨拶ができないことを知らせるもので、相手からの年賀状を拒否するものではないので、12月15日過ぎた場合に出しても問題ありません。

ただ、すでに年賀状を出してしまった人に気遣わせてしまうことになりますし、喪中はがきをもらったら年賀状を送らないのがマナーと考えている方も多くいます。

そのため、遅れてしまった場合には、寒中見舞いとして年明けに出したほうがよいでしょう。

寒中見舞いを出す時期は、寒の入り(1月5日)ごろから立春の前の日(2月4日)ごろまでに出すのがマナーです。

とはいえ、この場合は早めに出すのがよいでしょう。

スポンサードリンク

喪中はがき 遅れた場合の文例

喪中はがきを出すのが遅れて、寒中見舞いを出す場合の文例をご紹介します。

寒中見舞いは、季節の挨拶状ですので、冒頭には「寒中お見舞い申し上げます」などの季節のあいさつ文をいれます。

その後に、年賀状のお礼や喪中であることをお知らせするようにします。

文例1

寒中お見舞い申し上げます。
新年にはご丁寧なご挨拶をいただきありがとうございまいた。
実は、先日(もしくは昨年8月などなくなった月)父(続柄)○○が亡くなり、今年の新年はひっそりとむかえようと思い、賀状を控えておりました。
失礼をご了承ください。
本年も相変わりませずよろしくお願い致します。

平成○年一月

文例2

寒中お見舞い申し上げます。
父(続柄)○○の喪中のため念頭のご挨拶を控えさせていただきました。
旧年中にお知らせすべきところでございましたが、年を越してしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。
今年もよろしくご交誼のほどお願い申し上げます。

平成○年一月

12月中に不幸があった場合は、亡くなった月(12月)を入れれば相手にもそのことが伝わります。

不幸があったのはもっと前だけど、喪中はがきが遅れてしまったという場合には、続柄と名前のみ入れ、亡くなられた月は入れないほうがよいと思います。

喪中はがきをどこまで出すのが、出す範囲についてはこちらにありますので、参考にしてください。
>>喪中ハガキを出す範囲はどこまで?祖父母、義祖父母の場合は出す?

喪中ハガキの印刷が
108種類のデザインから選べます
送料無料、17:00までの注文で翌々営業日発送
↓詳しくは画像をクリック↓
喪中

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>