インフルエンザ予防接種後、飲酒していい?効果は?次の日のお酒は?

予防接種
毎年、冬から春にかけて大流行するインフルエンザ。
予防接種を受ける方も多いでしょう。

インフルエンザの予防接種をした時に気になるのが「飲酒」。

当日、飲み会の予定があるけどどうしたらいいか?迷っている方もいるでしょう。また、ついうっかり飲んでしまったという方もいるかもしれません。

今日は、インフルエンザ予防接種後の飲酒についてお伝えします。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種後は飲酒していいの?

インフルエンザ予防接種の飲酒については、「接種当日は通常の生活をしてかまいませんが、過度の飲酒、大量の飲酒は避けましょう」とされています。飲酒は、絶対にダメというわけではなく「大量の飲酒」はダメです。

どのくらい飲めば大量の飲酒にあたるかは、人によって感じ方が変わってくると思います。

いわゆるお酒に強い人が少量と感じる量であったとしても、実際には大量となることもあるかもしれません。

常識的な範囲で考えると、インフルエンザ予防接種後の飲酒は、ビール一杯、お酒一合など、晩酌程度ならOKと考えておくのがよいでしょう。

インフルエンザ予防接種後、飲酒すると効果はなくなるの?お酒を控える理由は?

インフルエンザを予防接種した当日、お酒を飲んでしまったとしても効果がなくなったり、薄くなってしまうわけではありません。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種後に大量の飲酒を控えるとされている理由は2つあります。

ひとつは肝機能の低下。

過度にお酒を飲むと、肝臓はアルコールを分解するために働き続け、肝機能は低下することになります。肝機能の低下は免疫力の低下につながり、体の中にウイルスと戦うための抗体ができにくくなります。

もうひとつは、副反応。

予防摂取当日は、ワクチンの副反応が出やすい状態です。

副反応というのは、発熱したり注射した部分が腫れたり、赤くなったり、しこりができることを言います。

副反応は、本来人間の体の中にはない物質を入れたことによる生体反応です。
お酒を飲むと普段よりも血液循環がよくなるため、副反応が現れやすくなってしまいます。また、実際に副反応が出た場合に、アルコールの影響なのか、予防接種によるものが判断がつきにくくなるということもあります。

飲酒によって予防接種の効果がなくなってしまうということはありませんが、飲み会があって飲酒をするとしても、乾杯程度にとどめて、普段よりも控えるようにしましょう。

インフルエンザ予防接種の次の日はお酒を飲んでいい?

インフルエンザ予防接種後、当日の過度の飲酒は避けるようにとされていますが、次の日のお酒については、予防接種の注意書きにも何も記載されていません。

ただし、次の日でもワクチンの副反応が出ているうような場合は、収まるまで飲酒は控えめにしたほうがよいです。あまりに続くようなら、医師に相談することも必要です。

体調に変化がなければ、お酒も通常どおり、問題ないでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>