インフルエンザ予防にアルコール消毒は効果ある?最適な濃度、消毒の方法は?

インフルエンザアルコール消毒
インフルエンザの予防と聞いてまず思い浮かべるのが、手洗い、うがい、マスクです。

最近は、病院だけでなく、公共施設やデパートやスーパーなどの店舗でも、入口にアルコール消毒が置かれているところが多いですね。

インフルエンザ予防にアルコール消毒は効果があるのか?疑問に思っている方もいるかもしれません。

今日はインフルエンザとアルコール消毒の効果や最適なアルコール濃度、消毒の方法についてお伝えします。

スポンサードリンク

インフルエンザ 予防 アルコール消毒は効果ある?

インフルエンザの予防対策として、アルコール消毒することは効果があります!

インフルエンザウイルスは、アルコール消毒薬で簡単に死滅してしまうのです

その理由は、インフルエンザウイルスの構造にあります。

インフルエンザウイルスは、脂溶性(脂肪)の殻で覆われています。この殻をエンベロープと言います。

エタノールなどのアルコールを使うことで、この殻(エンベロープ)は簡単に壊れてしまいます。そうすると、インフルエンザウイルスは感染に必要なたんぱく質などが失われてしまい、感染力がなくなってしまいます。

手洗いは水道がないとできませんが、アルコール消毒ならどこでも手軽にできるし、手洗いに比べて手荒れの心配も少ないので、インフルエンザ予防には積極的に使いたいところです。

小さなボトルの持ち運びに便利なアルコール消毒液もあります。

手ピカジェル / 手ピカジェル / 手ピカジェル 60ml★税抜1900円以上で送料無料★手ピカジェル(6...

スポンサードリンク

手ピカジェル / 手ピカジェル / 手ピカジェル 60ml★税抜1900円以上で送料無料★手ピカジェル(6…
価格:407円(税込、送料別)

インフルエンザ予防に使うアルコール消毒の濃度は?

インフルエンザ予防にアルコール消毒をする場合、濃度は70-80%が最も効果があるといわれています。

アルコールは、蒸発するのが早いです。
濃度100%のアルコールは手につけても、あっという間に蒸発してしまい、ウイルスを十分攻撃することができません。
ある程度の水分を含む70%程度の濃度で、ゆっくり蒸発するほうが、ウイルスを死滅させるのに効果的です。

逆に、濃度が低くなると殺菌力が落ちてしまいます。

市販されているアルコール消毒液は、あらかじめ精浄水や保存剤でエタノールを消毒に最適な濃度に希釈してありますので、薄めずにそのまま使うようにします。

消毒のビンには、「濃度76.9~81.4%」というように表示されています。

インフルエンザにアルコール消毒の方法は?

アルコール消毒は、インフルエンザ対策に効果的ですが、ただ吹きかけるだけでは十分に殺菌できません。

アルコール消毒液を適量、手に噴射したら、しっかりと両手全体にいきわたるようにして、すりこみます。

手洗いの場合、利き手、指先、指の間、手の甲は洗い残しが多い部分です。アルコール消毒でも同じです。
この部分を意識して、丁寧に消毒液をするこむようにしましょう

まとめ

・アルコール消毒はインフルエンザ予防に効果あり
・濃度は70%程度が最適、市販のものは薄めず使う
・使い方は、両手全体にしっかりとすりこむ
・利き手、指先、指の間、手の甲は洗い残しが多い

スポンサードリンク

アルコール消毒液が置いてある場所は多いです。
手洗いよりも手軽にできるので、有効に活用して、インフルエンザ予防に役立てましょう!


こちらの記事もよまれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です