節分の豆は何歳から?幼児に食べさせるときに注意すること

節分豆
節分だから、子供と豆まきをしようと思っているけど、幼児に豆を食べさせても大丈夫かな?心配になりますよね。

実は、毎年、節分の時期には豆まきの豆による幼児の誤飲事故が何件も発生しています。

今日は、節分の豆にについて
・何歳から食べてもいいのか?
・幼児に食べさせる際に注意したいこと

この2つについてまとめました。

子供と楽しく節分を行るために、参考にしてください。

スポンサードリンク

節分の豆は何歳から食べていいの?

節分の豆を何歳から食べても大丈夫かというと、3歳以上といわれています。

その理由は、

・気管や気管支などにつまらせる誤飲事故を防ぐ
・アレルギー(特にピーナッツ)の可能性があるから

それぞれについて詳しく説明します。

節分の時期には大豆による誤飲事故が多い

幼児の誤飲事故で最も多い原因が、ピーナッツ、そしてその他の豆類(枝豆や大豆など)です。

小さな子供は、まだ奥歯がしっかり生えてなかったり、噛む力が弱いことから固い豆をしっかり噛み砕くことができません。また、豆を口にしているときに、何かに驚いたり、転んだりと予期せぬことて食べているときに息を吸ってしまいがちです。

そんなとき、息を吸った瞬間に、豆が気管や気管支に入り込んでしまい、のどを詰まらせる原因となってしまうのです。

大人だったら大豆が詰まっても窒息するようなことはほとんどありませんが、幼児、特に2歳以下の子供は気管支がまだ細いため、大豆のような小さな豆でも詰まって窒息して、大きな事故となってしまう可能性があります。

3歳くらいになると、大人の話す言葉の意味もかなり理解して、食べ物を噛む力も大きくなってきます。そんなことから、豆まきの豆は3歳から(というより2歳以下には与えない)と言われているのです。もちろん、3歳以上の子供でもしっかり噛んでいるか親が注意することは必要です。

スポンサードリンク

豆にはアレルギーの可能性がある

豆まきに使われる豆で多いのが「大豆」そして一部の地方では「落花生(ピーナッツ)」です。
最近では、掃除が大変だからとか、子供が拾って食べないようにというような理由で、落花生で豆まきをする家も増えています。

アレルギーが問題になるのは、大豆よりも落花生(ピーナッツ)です。

ピーナッツアレルギー(ナッツアレルギー)の症状は、他の食物アレルギーに比べて激しいものが多く、呼吸困難を引き起こしたりアナフィラシーになることもあります。また、発症すると成長しても耐性を獲得しづらい(治りにくい)アレルギーです。

年に1回ピーナッツを食べたからアレルギーになるというものはないですが、2歳以下の子供の場合、ナッツ類をそれまで食べたことがない場合も多いですよね。そんな子が、いきなり豆まきの豆(特に落花生)を食べるのは避けたほうがいいです。

また、落花生は大豆よりも粒が大きいので、3歳以上の子供でも誤飲の可能性があります。食べるときには十分注意しましょう。

節分の豆を幼児に食べさせるときに注意したいこと

・まだ奥歯が生えてない子供には食べさせない

・子供にはしっかり噛むように伝えること

・3歳以上の子供でも豆を食べるときは親が横でしっかり見るようにします。

・食べているときに飛び跳ねたり、走り回ったり、ふざけて大笑いするなどしないように、食べるときはお行儀よく座って食べるようにします

・豆まきの後は、撒いた豆をしっかり拾いましょう。子供が拾って食べないようにするためです。

落花生なら、幼児が拾ってそのまま食べることは難しいので、誤飲を防ぐ点ではよいかもしれません。ただしアレルギーの心配があるお子さんがいるお家は避けたほうがいいですね。

子供が拾って食べるのを防ぐために、小分けになったものを袋のまま撒くのも一つの方法です。実際に、友達の家はそうしてました。

また、家族に協力してもらうことも必要になります。

同居しているお家は、おじいちゃん、おばあちゃんにも子供に与えないように話しておいたほうがいいですね。年上の兄弟から幼児に豆をあげることがないようにしましょう。

まとめ

・節分の豆を幼児に食べさせるなら3歳以上になってから
・食べるときは、親が横でよく見るようにする
・子供が拾って食べないように工夫しよう

豆まきは日本の風習のひとつ。家族みんなでワイワイやる行事という楽しみもあります。

スポンサードリンク

子供に十分配慮して、楽しく豆まきしましょう!


こちらの記事もよまれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です