iphone6どっちにする?iphone6とiphone6 plus の違い

iphone6の予約受付が始まりました。
今回のiphone6は2種類が発売。
画面サイズが4.7インチのiphone6と画面サイズが5.5インチのiphone6 plusです。

どっちがいいの?
細かいスペックなんかの話は抜きで、簡単にイメージできるiphone6とiphone6 plusの違いをまとめてました。

スポンサードリンク

iphone6とiphone6 plus 最大違いは画面サイズ

iphoneとiphone6 plusが一番大きく違うのが画面サイズ。
前のiphone5sは画面サイズ4インチでした。それが、iphone6は4.7インチ、iphone6 plusは、5.5インチになりました。

でも、「インチ」って言われても、どれくらいかわかりませんよね。

具体的なサイズでいうと
★iphone6 縦 13.81cm 横6.7cm
★iphone6 plus 縦 15.81cm 横7.78cm

大きさを比べた画像はこちら
iphone6

一番右がiphone5s、真ん中がiphone6、左がiphone6 plusです。

こうしてみると、iphone5sに比べるとかなり大きくなってますね。

インターネットのニュースでは、iphone6 plusの大きさは、「ガーナチョコレート」くらいという例えもありました。

iphone6 plusの5.5インチ画面というのは、片手では操作しにくいのでは?という評判もありましたが、片手モードというのができて、操作しにくいということはないようです。
片手モードは、ホームボタンを二回押すと画面の上半分が下に下がり操作でき、もう一度ホームボタンを押せば元にもどるというものです。

実際にiphone6 plusを触ってみた新聞記者の方の感想にも、大きいから操作しにくいということは感じられず、片手モードがあるから操作性はよいとコメントされてました。

画面サイズ以外の違いは?

iphone6では、カメラの画素数は800万画素と今までと変わりないものの、レンズが明るくなり、より速くピントを合わせる機能が搭載されるなど、カメラ機能が充実しました。
カメラの顔認識機能も向上しています。

スポンサードリンク

iphone6 plusがiphone6と違う点で注目する機能は、カメラの手ぶら補正機能です。
iphone6にはなくiphone6 plusだけに搭載された機能が、最新の手振れ補正機能。
これは、自転車に乗りながら動画を撮影しても手振れしないほどの機能だそうです。

そして、バッテリーの持ちも違います。
iphone6 plusは大きいのでそれだけ容量の大きいバッテリーを搭載しているからです。

3Gで通話した場合のバッテリーの持ちは、
iphone5sで最大10時間だったのが、iphone6が14時間、iphone6 plusが24時間と大幅にアップしてます。
インターネット利用の場合は、3Gでiphone6が最大10時間、iphone6 plusで最大12時間となってます。

iphone6とiphone6 plusの最大の違いはやっぱり画面の大きさです。

画面が大きいとインターネットも見やすいし、メールも送りやすいです。
大きさは片手モードがあるので、操作性は大きいからと言って悪くないようです。

反面、5.5インチだとポケットに入れるのはちょっと厳しいかも。
ガーナチョコレート、ポケットに入らないですよね。入っても邪魔じゃないですか?

スマホを持ち歩くときにポケットじゃなくてバックに入れることが多い女性にはこの点気にならないかも。

iphone6とiphone6 plus価格の違いも約1万円なので、画面の見やすさや使いやすさをとるか、持ち運びのよさをとるかでしょうか?

iphone6 plusの大きさが気になる人は、発売後にデモ機を実際に使ってみて大きさを確かめてから買ったほうがいいかもです。

ニュースなどの情報では今回のiphone6、生産量は多いようで、前回のiphone5sのように予約してから長いこと待たないと手に入らない~ということはなさそうです。
(ただ、iphone6は前回に比べてかなり売れているようなので、先のことはわかりませんが。。)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>