諏訪湖花火大会の有料席おすすめは?石彫公園と湖畔公園どっち?ホテル屋上

諏訪湖新作花火大会

打ち上げ数日本一、5万発もの花火が打ち上げられる諏訪湖花火大会。

毎年、50万人もの人が訪れる大混雑必須の花火大会です。

そんな、諏訪湖花火大会で花火を十分に楽しむなら、有料席を確保するのがおすすめ!!

花火は空に打ちあがるものなので、近くに行けば見ることができます。でも、諏訪湖花火大会の名物である「水上スターマイン(kiss of fore)や全長2キロメートルのナイアガラ花火が見える場所はほとんど有料席になっていて、それ以外の場所で楽しむことは難しいからです。

今回は諏訪湖花火大会の有料席についてご紹介します。

・おすすめの有料席
・有料自由席の湖畔公園と石彫公園はどっちがいいか
・有料観覧席チケットの発売日、購入方法
・ホテルの観覧席情報

チケット購入の参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

諏訪湖花火大会 有料席のおすすめはブロック指定席

諏訪湖花火大会の有料席にはいくつかの種類があります。

マス席、ブロック指定席、有料自由席(石彫公園・湖畔公園)、当日自由席(旧東バル跡地)が諏訪湖花火実行委員会から発売されます。そのほかにもツアー専用の席や諏訪湖湖畔のホテルや宿が屋上や駐車場を花火観覧席として発売しています。

色々ある諏訪湖花火大会の有料席ですが、一番よい場所にあるのが「マス席」。ただし、20名以上の桟敷席となっておりどちらかというと企業向け、個人では買いにくい席です。

個人で買う場合、一番おすすめの席がブロック指定席。

ブロック指定席は、マス席の後ろにはなりますが、花火の打ち上げ場所の初島から正面になり、花火もよく見えます

また、他の有料席は自由席であるため、チケットを持っていてもよい場所を確保するためには早朝から長蛇のれるに並ぶ必要があるのに対して、ブロック指定席も自由席ですが1区画が20人~100人に限られているので、場所取りの大変さは全然違います

席の料金は4100円と自由席(3000~3500円)より少し高くなりますが、ゆっくり楽しむならブロック指定席が一押しです。

ブロック指定席の購入方法は、往復はがきによる抽選になります。有料自由席(石彫公園・湖畔公園)より先に発売になるので、まずはブロック指定席に申し込みがおすすめです。

諏訪湖花火大会、石彫公園と湖畔公園どっちの有料席がいい?

諏訪湖花火大会の有料自由席には、石彫公園と湖畔公園の2種類があります。
花火打ち上げ場所の正面にマス席やブロック席があり、その左側が石彫公園、右側が湖畔公園になります。

どちらも席の料金は同じで、諏訪湖文化センターでの販売が大人3000円、子供1500円、ローソンチケットでの販売が大人3500円、子供2000円です。ブロック指定席に比べると座席数も多いので、手に入れやすいです。

いざチケットを購入するとなると石彫公園と湖畔公園、どっちがいいのか?迷う方も多いかもしれません。

どちらかというと人気があるのが石彫公園です。ローソンチケットの販売でも石彫公園のほうが先になくなることが多いです。

石彫公園は、花火の打ち上げ場所であるの初島の正面に近いことや、湖畔公園よりも少し駅に近く帰りやすいからといった理由が考えられます。

スポンサードリンク

でも、どちらの場所も直線距離で500メートるほどしか離れてなにので、花火の見え方が大きく変わるわけではありません。湖畔公園でも水上スターマインやナイアガラなど十分に楽しむことができます。

湖畔公園のほうが風向きで見にくいことが多い、、、といった情報もありますが、こればかりは、当日その時間の状況によるので何とも言えない部分です。私も何回か諏訪湖の花火を見に行ってますが、風向き次第で見え方は全然違いますし、こればかりは運になっちゃいますね。

なお、石彫公園の観覧席の最前列はマス席になっているので有料自由席では座ることができません。一方、湖畔公園は最前列から有料自由席だし、公園の奥行きも狭いので前列で見るなら湖畔公園が向いています。できるだけ前で見たい方には湖畔公園のほうがおすすめです。

ただし、湖畔公園の最前列は砂利がしかれている場所なので、敷物だけでなく座布団やタオルなどを用意していったほうがお尻が痛くならなくて済みます。

車椅子が利用できるのは石彫公園だけになるので、該当するかたは注意してくださいね。

諏訪湖花火大会の有料席チケット購入方法と発売日

諏訪湖花火大会のチケットは一斉に発売ではありません。購入方法も違います。

下にチケットの購入方法と発売日をまとめました。

料金 発売日 購入方法・その他
ブロック指定席 1枚4100円
(3歳以上チケット必要)
5月6日~31日(必着) 往復はがきによる申し込み
6月17日に抽選し、結果を
その後送付
有料自由席
(諏訪湖文化センター)
大人3000円
子供1500円
7月29日(金)
午前8:30~
有料自由席
(ローソンチケット)
大人3500円
子供2000円
8月1日(月)
午前10時より受付開始
当日販売自由席
(東バル跡地)
1枚1000円
(3歳以上チケット必要)
当日(8/15)
午前8時から
当日チケット購入後、すぐ入場
できるのでそのまま場所取りする

各チケットの詳細はこちらの公式ページで確認できます
諏訪湖祭実行委員会チケット発売情報

諏訪湖花火大会ホテル屋上などの観覧席 値段と発売日

紅や

既に受付開始しています。
屋上、レストラン、ホテル正面の席、マリーナ桟橋の席などがあります。値段は5000円(ホテル正面ロータリー席)~
予約方法は電話になります。

詳細はこちら⇒紅や諏訪湖花火観覧席

RACO華ノ井

本館12階、7階、パレス館の屋上が観覧席になります。
料金は、今年(2016年)はまだ未定ですが、ホテルによると昨年と同じ位(7階屋上の席が7000円、12階屋上の最前列席が13000円)になるとのことです。

6月1日から電話で受け付け開始します。

詳細は発売日近くに公式サイトで発表になります。
Raco華ノ井

★諏訪湖花火大会の臨時列車についてはこちらをどうぞ★
>>諏訪湖花火大の終了時間は?帰りの電車の混雑は?臨時列車時刻表

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>