妻籠の紅葉が見ごろの時期は?おすすめスポット

妻籠紅葉

妻籠は中山道の宿場町。
当時の趣をそのまま残していて、観光スポットとしても人気です。

妻籠のある長野県木曽地域は、寒暖の差が激しく、紅葉がきれいな場所です。

妻籠で紅葉が見ごろの時期とおすすめスポットを紹介します。

スポンサードリンク

妻籠の紅葉 見ごろの時期は?

例年の妻籠での紅葉が一番きれいな時期は、11月上旬です。
紅葉は朝晩の冷え込むようになると始まるため、年によって一番見ごろの時期は前後します。

妻籠の様子については、こちらの妻籠観光協会のブログがこまめに情報がアップされているので、参考になります。
昨年も妻籠の紅葉が見ごろの時期には写真とともに記事が更新されていましたよ。
  >>妻籠観光協会ブログ  

妻籠は、当時の趣がそのままの宿場町はとても雰囲気がよく、寒さも厳しくないので紅葉の時期は観光にぴったりです。
妻籠だけでなく、周辺の山々の木々も紅葉しているので、行き帰りの道中でも紅葉も見ることができます。

妻籠の観光

妻籠の一番の見どころは、何よりも宿場町の古い街並みです。
ゆっくりと時間をかけて散策したいところです。

お土産やさんやレストランなどもありますが、地元でとれた山菜などを売っているお店を除くのも楽しいと思います。
疲れたら一休みして、囲炉裏のあるお店でおやきを食べるものいいですね。

妻籠の街道の真ん中あたりには、脇本陣の資料館があります。
ここは、囲炉裏に火が入っているので、雰囲気を感じることができます。
博物館が併設されていて、本陣が復元されています。

>

妻籠と一緒に行きたいスポット「馬篭」

多くの人が妻籠と一緒に訪れる場所が、同じく宿場町の「馬篭」です。
ツアーだと両方訪れるものが多いですね。

スポンサードリンク

妻籠から馬篭は、約8キロ。
山道ですが整備された道なので車で行くのは問題ありません。
トレッキングが好きな方は歩くことができます。
所要時間は約3時間です。
路線バスを使う場合は、バスの本数がとても少ないので、あらかじめ時刻表をチェックしてスケジュールを立てておくことをおすすめします。

妻籠も馬篭も宿場町としては同じですが、雰囲気は違います。
馬篭のほうがどちらかというと賑やかい感じなのにたいして、妻籠はより昔の面影が残る落ち着いたイメージです。
妻籠のほうが商業化されておらず、風景が周りの自然ともよく調和しています。

時間があれば妻籠と一緒に訪れて、違いを感じるものいいと思います。
ただ、馬篭は急な馬篭は坂道を登っていきます。 距離はそれほど長くないですが、年配の方には少し大変かもしれません。

妻籠でおすすめレストラン

妻籠の宿場町にはお蕎麦屋さん、おやきやさん、レストランなどがあります。
私のおすすめレストランは、宿場町から少し離れて歩きますが、 「音吉」というレストランです。
こちらのお店では、地元の四季折々の食材を使ったお料理を楽しむことができます。
お蕎麦もおいしいです。

おすすめは、小鉢。
定食を注文するとだいたい小鉢が3-4個ついてくるのですが、これが地元の食材を使った本当に旬のもので、季節を感じることができます。
今はあまり食べてないなぁというなつかしい料理があったりします。

紅葉の時期には、松茸料理が旬ですね!
小鉢には、ジコボウなどの雑キノコが登場したりします。

おすすめのお土産

妻籠に行ったらぜひ食べていただきたい、お土産したいおすすめは「栗きんとん」。
お正月に食べる栗きんとんとは違います!

妻籠の栗きんとんは栗に少量のお砂糖を加え、茶巾で絞ったもの。
お砂糖以外は「栗」のみという贅沢な味わいです。
水分はくりから出るものだけ、それでいてしっとりとしていて、栗の香りが高く、自然栗の味を楽しむことができます。

お店によって、微妙に味わいが違うところも楽しめるところです。
お店によっては、秋から冬の時期にかけてしか栗きんとんを販売しないところもあります。
妻籠の宿場町にも栗きんとんのお店はいくつかあるので、ぜひ、食べてみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>