インフルエンザの予防接種 赤ちゃんはいつから打てる?効果は?

毎年冬になると流行するインフルエンザ。

インフルエンザにかからないためには予防接種が有効と言われても、
赤ちゃんに摂取したほうがいいのか迷います。

インフルエンザの予防接種は何か月から打てるのか?赤ちゃんに接種した場合の予防接種の効果をまとめました。

スポンサードリンク

赤ちゃんはいつからインフルエンザの予防接種ができる?

インフルエンザの予防接種は、生後6か月から打つことができます。

予防接種は、力を弱くしたウィルスを体に入れることで、抗体を作り、インフルエンザの発症を防ぐものです。

6か月未満の赤ちゃんは、免疫力が十分でないため予防接種をしても抗体ができにくく、接種しても効果が見込めないことから、6か月以降となっているようです。

6か月以降の赤ちゃんでも、その免疫力は子供と比べて少ないです。
赤ちゃんに予防接種しても効果は2-30%という話を聞くのは、赤ちゃんの免疫力の少なさからくるようです。

また、1歳未満の赤ちゃんに予防接種をする場合、ワクチンの量も子供に打つ予防接種より少ないため、免疫ができにくいということもあるようです。

予防接種、効果はある?

インフルエンザの予防接種を受けた場合の大人の発症阻止率は7~9割、子供の場合はそれよりも低くなります。

ただ、予防接種を受けた場合は、インフルエンザに罹ったとしても重症化するのを防ぐことができます。

スポンサードリンク

1歳未満の赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまった場合でも、最高体温が大人に比べても低く、発熱期間は短いことが多いです。
ただ、赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまった場合に心配なのは合併症である急性脳症です。
脳症は1歳台にもっとも多いので注意が必要です。赤ちゃんに予防接種をする理由として多いのが、重症化を防ぐというのと脳症が心配だからというものです。

赤ちゃんは予防接種しても抗体が十分にできないことや、実際にかかってしまってもも重症になる確率が低いこと、を考えると家族が予防接種をする、ウイルスを持ち込まないよう手洗い、うがい、部屋を加湿するなど日頃から気をつけて、赤ちゃんには予防接種をしないという考えもあります。

ただ、保育園に通っているなど集団生活をしていてインフルエンザにかかる確率が高そうな場合には、予防接種を受けておいたほうが安心かもしれません。

予防接種を受ける時期はいつがいい?

インフルエンザの予防接種を赤ちゃんが受ける場合は、2回の接種が必要です。
また、予防接種後、抗体ができるまでに2回目の接種後3-4週間かかります。

赤ちゃんに予防接種をすると決めたら、1歳になってからとか子供の月齢を気にするのではなく、インフルエンザが一番流行する時期(1月)に間に合うように受けるのがいいと思います。

赤ちゃんの場合、インフルエンザの予防接種は4週間開けて2回打つこととなります。
1月の流行に間に合うようにするには、遅くとも11月初めに1回目、12月始めには2回目の接種を済まるよう受けるのがおすすめです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>