インフルエンザ予防接種の時期 いつ受ける?料金は?

インフルエンザは毎年冬になると流行するウイルス性の病気。

かかってしまうと高熱が出るほか、頭痛や体がだるくなる全身症状がでるなど大変です。

小さい子供の場合は、まれに重症化することもあります。

そのため、多くの人が予防接種を受けています。

インフルエンザの予防接種は、いつ受けるのがいいかのか、受ける時期と料金について調べました。

スポンサードリンク

効果が出るまで2-3週間かかります

インフルエンザの予防接種をしたら、すぐにその効果が表れるわけではありません。

予防接種はインフルエンザのウイルスを不活化したワクチンを注射し、それが体内に入って免疫を作ることで効果が表れます。
免疫ができるまでには、注射後2-3週間かかります。

インフルエンザが大きく流行するのは、毎年1-3月。
その時期に免疫ができているようにするには、遅くとも12月中旬までに予防接種を受けるのがよいです。

インフルエンザの予防接種の効果が持続するのは、接種2-3週間後免疫ができてから4か月ほど。
効果は徐々に低くなっていくので、一番流行する時期にしっかりと免疫をつくるためにも、2回目の接種を12月上旬までに終わらせると、免疫が高い状態でインフルエンザのピーク時期を過ごすことができます。

予防接種を受けるのが早すぎると、まだ流行している3月後半に効果が低くなってしまう可能性もありますので、注意しましょう。

スポンサードリンク

子供のインフルエンザ予防接種の時期

子供の場合、インフルエンザの予防接種が2回必要です。
1回の注射では十分に免疫ができないからです。
1回目と2回目の接種は2-4週間空けなくてはならないので、1回目を11月中旬までに、2回目を12月中旬までに受けると、インフルエンザが流行する1月に効果がある状態になります。

予防接種をしていてもインフルエンザに感染することもあります。
ただ、感染しても症状が軽くて済むので、保育園に行っているなど集団生活をしている場合は、予防接種を受けておいたほうが安心です。

インフルエンザ予防接種の料金は?

インフルエンザの予防接種には健康保険が適用されず、全額自己負担になります。また保険診療ではないため、料金は各病院によって違います。

アンケート調査によると、大人の1回のインフルエンザ予防接種料金は2000円~5000円と価格差は大きく、平均は約3200円という結果がでています。
安いところだと1500円ほどのところもあります。

子供の場合は2回接種が必要ですが、1回の接種料金は1500円から4000円とやはり差は大きく、平均は約2700円。
2回でいくらという料金設定にしている病院や2回目は無料としているところ、家族で受けると割引になるという病院もあります。
2回接種した場合の料金の平均は約5000円。

この料金はあくまでも目安です。
各病院によって料金はまちまちなので、予防接種に行く前に、近くの病院に電話などで確かめるのをおすすめします。

地域的には首都圏(東京都、神奈川県)よりも地方のほうが安い傾向があるようです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>