妻籠の絵巻行列 2014年の日程は?おすすめ見どころはどこ?

妻籠の絵巻行列(妻籠宿文化文政風俗絵巻之行列)は、地元の人たちが
江戸時代末末期の衣装を身に着け、その当時の宿場町の風俗を再現するイベントです.

100人以上が、武士や浪人、駕籠かきや飛脚など・虚無僧などに扮装し、宿場町を歩く姿はほかでは見られない風景です。

ちょうど妻籠の紅葉のシーズンと重なり、美しい風景を楽しめることから毎年多くの人が訪れます。
特に、カメラ・写真愛好家の間では、人気のイベントです。

2014年の妻籠絵巻行列の日程とおすすめの見どころを紹介します。

スポンサードリンク

妻籠絵巻行列の日程 行列はどこで見られる?

★日程
11月23日の勤労感謝の日に毎年行われます。

★行列が行われる時間と場所
10:30 南木曽町総合グラウンド出発
中山道を歩いて妻籠宿へ向かいます。

11:20 寺下地区で花嫁さんが馬に乗る

12:00 妻籠宿の中心に到着。
昼食

13:00 行列は大妻籠へバスで移動、再び妻籠宿へ戻ります。

14:15 旧妻籠小学校で記念撮影や収穫祝いの餅投げなど

絵巻行列の見どころは?

このイベントの見どころは、花嫁行列です。

花嫁さんは、途中の寺下地区で馬に乗り、妻籠宿まで行列と共に練り歩きます。
特に、妻籠の宿場街を行列が進むところは、当時の雰囲気をそのままに楽しむことができます。

スポンサードリンク

昨年行ったときには、カメラ愛好家の方がとても多くてびっくりしました。

花嫁さんが馬に乗る寺下地区は妻籠の宿場街から歩いて5分ほど、宿場道を南木曽方面へ歩いたところです。
一本道で、人も多いので、間違えることはないと思います。
花嫁さんが乗る場所は特に案内もないですが、人が多くいるのですぐわかります。

絵巻行列と一緒に旧中山道を歩くということもできますが、一緒に歩くと行列全体を見ることが難しいです。
100人以上が江戸時代の人々に扮する行列なので、どこか一か所で行列は初めから終わりまで見るのがおすすめです。

昼食時間も、行列の方たちは、わっぱ弁当を広げたり、キセルをふかしたり、子供たちは紙風船であそんだりと、保存された街並みにマッチし江戸時代そのもの。

絵巻行列が大妻籠宿へ行っている間は、行列に同行せずお昼を食べたり妻籠宿散策をする人が多いようです。

妻籠への行き方、駐車場、バスなど

車で行く場合は、妻籠宿の駐車場を利用できます。
第1~第3駐車場まであるので、停車できないことはないと思います。
第1駐車場が花嫁行列の出発地に一番行きやすいのでおすすめです。

バスで行く場合は、南木曽駅から保神行きバスに乗ります。所要時間は10分ほどですが、本数が少ないため時間に気を付けてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>