二日酔いを防止する飲み物って?飲み会の後にやっておきたい対処法

二日酔い
楽しくってつい飲みすぎちゃったら、翌日二日酔い~。
気持ち悪いし、吐き気がする。
お酒もまだまだ体に残っている感じがする、でも仕事は休めない。。。。
ツライですよね。

二日酔いにならないために、お酒を飲む前に牛乳やウコンを飲むとかおつまみを食べておくとか対処法は色々ありますが、やるの忘れた!やったけど二日酔いになりそう!
そんな時に二日酔いを防止できる飲み物、飲んだ後にできる二日酔いの対処法をご紹介します。

スポンサードリンク

アルコールを分解するのに必要なもの

お酒を飲むと体の中(肝臓)で、アルコールが分解されます。
分解できる量以上のアルコールが体内にはいるとアルコールがそのまま残ってしまい、それが二日酔いの原因となります。

だから、二日酔いにならないためには、体内のアルコールを分解してあげることが大切です。

そこで、肝臓がアルコールを分解するために必要になるのが、塩分と水分。

酔った時に、お腹もすいていないはずなのに締めのラーメンが食べたくなるのは、体がアルコールを分解するために、塩分と水分を欲しているからです。

ラーメンが食べたくなるのは、自然の原理なんですね~。

だからといって、ラーメンを食べてたらデブまっしぐら、体にもよくありません。

スポンサードリンク

二日酔いを防ぐ対処法として、アルコールの分解を進めるために、塩分と水分を補給してあげましょう。
具体的には、次の対処法1と2をやってあげれば、翌日の二日酔いはぐっと軽くなります
(私の体験済)

対処法1、飲み会が終わったらスポーツドリンク

二日酔いを防ぐのに大切な飲み物がスポーツドリンク。
飲み会終了後、家に帰る前にスポーツドリンクを飲みましょう。塩分をとりながら(塩をなめながら)300ml程度を一気飲みがおすすめです。

飲んだ後の体はアルコールの分解に水分が必要となるため、脱水症状気味なので、塩分、水分のほかに電解質も補えるスポーツドリンクが最適です。

スポーツドリンクを1本飲むだけで、アルコール分解が促進され、お酒の後のラーメンへの欲求も防げて一石二鳥です。

対処法2 家に帰って寝る前に

もう何も飲みたくないと思っても、寝る前にさらに500ml程度の水を飲みましょう。大量に水分を取ることで、寝ている間のアルコール分解が促進されます。
家に帰る前に水分をとってもいいんですが、トイレが近くなるので要注意です。

酔いが少し覚めてから寝るほうがベターですが、二日酔いになるほど飲んだときには、なかなかできませんね。。。。。

二日酔い防止まとめ

アルコールの分解には水分と塩分が必要です。
飲んだ後には、スポーツドリンクと塩分、寝る前には水分を摂取して、翌日の二日酔いを少しでも軽くしましょう。

私の場合、これをやるのとやらないのとでは翌日の二日酔い具合が全然違います。

でも、ホントは二日酔いにならないほど飲まないのが一番。
体にもよくないです。
飲みすぎには注意してくださいね~。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>