鏡餅の意味、由来って?いつから飾って、いつまで飾る?

鏡餅
お正月になると飾る鏡餅。
でも、意外と知らない「鏡餅」のこと。
どんな意味があるのかや由来、いつから飾っていつまで飾るのか、飾った後はどうするのかなどなど。

鏡餅についての疑問を調べてみましたので、鏡餅を飾るときの参考にしてください。

スポンサードリンク

鏡餅にはどんな意味がある?由来は?

鏡餅(かがみもち)は、お正月に神様にお供えするお餅です。
日本では昔から、新年になると神様(歳神様)が来るといわれていました。その歳神様へのお供え物が鏡餅。

鏡餅という名前の由来は、形が昔の鏡の形ににていたところからきています。昔の鏡は青銅で作られていて丸い形で、神事などに使われていました。
鏡餅とその飾りは、神事に使われる三種の神器(鏡、玉、剣)に見立てられています。鏡餅は鏡を表し、上にのせる橙(ダイダイ)は玉を表し、柿串(ほしがき)が剣を表しています。

ただ、地域により飾り方や飾るものは違います。

一般的には、大小2枚の丸い餅を重ねておき、その上にミカンを置く家庭が多いです

スポンサードリンク

鏡餅はどこに飾る?いつから飾って、いつまで飾ればいい?

鏡餅は、神様にささげるお供えものなので、床の間が一番飾るのにふさわしい場所です。
床の間がない場合には、家の中で玄関から遠い奥まった場所に飾ります。

鏡餅は新年にやってくる神様へのお供え物なので、お正月前(年末)に飾ります。
飾る日は早くても問題はありませんが、12月28日が末広がりの八がつくので縁起がよいとされています。

29日は9がつくので「苦」を連想することから、31日はお正月まで一日しかないため「誠意にかける」「お葬式の飾り方と同じ」ことから「一夜飾り」と呼ばれ縁起が悪いとされています。

そのため、28日または30日に飾るようにします。

飾るのは鏡開きの1月11日までです。
地方によっては、4日まで20日までというところもあるようです。

鏡餅の食べ方 終わったらどうすればいい?

鏡餅は鏡開きの日に、1年の健康と発展を祝って食べます。

鏡餅の「鏡」は円満を「開き」は末広がりを意味します。
刃物を使うことは切腹を連想させるので、切ってはいけません。
木槌や金槌などで餅を食べやすい大きさに割ります。
鏡餅を割るときにはビニール袋などに入れてから、叩き割ると餅が飛び散りません。

お餅は固くそのままでは食べられません。
お汁粉やお雑煮にしたり、揚げ餅にするなど、火を通して食べます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>