焼き芋 電子レンジでの作り方 失敗なし、おいしく作るコツ

焼き芋
甘くて、ほくほく美味しい焼き芋。

でも、自分で作ってみたら、パサパサ、あまりおいしくない。。。
そんな風に思っていませんか?

焼き芋は、電子レンジを使えば、家でもまるで買った石焼いものようにおいしくできちゃうんです。

焼き芋の電子レンジを使った作り方、どうして電子レンジだとおいしくできるのか、失敗しないおいしくつくるコツをご紹介します。

スポンサードリンク

焼き芋 電子レンジの作り方

焼き芋を電子レンジで作るのは簡単です。

★用意するもの

 さつまいも
 キッチンペーパー
 新聞紙(1枚の半分)

★作り方

 さつまいもを洗う
 キッチンペーパを濡らしてサツマイモにまく
 それを新聞紙で包む。

 電子レンジ「強」で1分30秒加熱する。
 その後、「弱」で8-15分加熱する。

 新聞紙の上からさつまいもを触ってみて、柔らかくなっていれば完成!

どうして、電子レンジでおいしくできるの?

石焼いもが甘くてホクホクおいしいのは、さつまいものでんぷんが糖化されるから。
また、ゆっくり糖化するほうが甘みが増すことがわかっています。

サツマイモのでんぷんが糖化する温度は約70度。
だから、70度でじっくり時間をかけて加熱するのが、おいしい焼き芋の作り方です。

スポンサードリンク

電子レンジの「強」で1分半加熱すると、さつまいもの温度は70度になります。
その後、「弱」で70度を保ちながらゆっくり加熱することで、おいしい焼き芋ができるんです。

焼き芋を失敗しない、おいしく作る方法

さつまいもの選び方

焼き芋を買うんだったら、太いさつまいものほうがおいしそうですよね。でも、自分で作る場合には、細めのサツマイモを選びましょう。
太いものは加熱に時間がかかり、加熱ムラができやすいです。

キッチンペーパーを水で濡らしてまく

インターネットで紹介されているレシピには、新聞でまくだけのものもありますが、濡らしたキッチンペーパーを巻いたほうが断然おいしくなります(経験済)。

新聞紙がない時はどうすればいい?

キッチンペーパーの外を包む紙は新聞紙じゃなくても大丈夫です。
私は広告を使って作ったこともありますが、同じようにできました。
新聞や広告を使うのが気になる方は、コピー用紙でもOK。
厚過ぎない紙ならだいたい何でも大丈夫です。

加熱時間を守る

焼き芋をおいしく作るには、上で説明したように加熱時間が重要になります。
だから、必ず電子レンジの加熱時間をまもりましょう。

加熱時間は強で1分半。
弱は、さつまいもの太さに応じて8-15分。
さわってみてまだ固そうだったら、さらに数分電子レンジの弱で加熱します。

これだけ守れば、おいしい焼き芋を自分でも簡単に作ることができます。
ぜひ、作ってみてくださいね♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] >>焼き芋を電子レンジで簡単、失敗なし、おいしく作る方法 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>