ふぐ鍋のだしの作り方。具材を入れる順番は?ふぐ雑炊の作り方


ふぐ鍋だし

鍋の季節ですね。
中でも「ふぐ鍋」は、家で食べる機会はなかなかないですよね。

せっかく買ったからにはおいしく食べたい!

ふぐ鍋のだしは、寄鍋などのだしとは違います。

ふぐ鍋をおいしく食べるための、だしの作り方、鍋に具材を入れる順番、そして〆のふぐ雑炊の作り方をご紹介します!

スポンサードリンク

ふぐ鍋のだしの作り方

ふぐ鍋のだしの作り方は簡単です。

基本は昆布ダシ。
土鍋に水を入れ、昆布を入れます。
水が沸騰する直前に、昆布を鍋から出して出来上がり。
沸騰させると出汁が生臭くなってしまいます。

ふぐは淡白な味がおいしいので、寄せ鍋のように余分な味付けは不要。
また、ふぐのアラからいい出しが出るので、味付けしてしまうと逆にもったいないです。



ふぐ鍋に入れる順番

ふぐ鍋に入れる具材は、
フグ、白菜、ねぎ、椎茸、春菊、豆腐、マロニー(白滝でも)

入れる順番は、
出しをとった鍋にアラ(骨のついた部分)を入れます。
その後、白菜やネギ、シイタケなどの野菜を入れます。
火が通ったら、ふぐの身を入れます。

ふぐの身に火が通ったら、ポン酢につけて食べます。
お好みで、薬味にアサツキやもみじおろしを加えます。

ふぐ皮がある場合は、野菜の後に入れてください。
ふぐ皮は薄いので、さっと火を通せば食べられます。
「ぷるんっ」として、おいしいですよ。

ふぐ鍋の後にはふぐ雑炊 作り方は?

ふぐ鍋を食べた後には、ぜひ、ふぐ雑炊を作ってください!
あっさりしているけど旨みたっぷりのふぐの出汁で作った雑炊は、他の雑炊とは一味も二味も違います。
ふぐ鍋でお腹いっぱい??
でも、ふぐ雑炊も食べなきゃもったいないですよ~。

★ふぐ雑炊の作り方

<準備するもの>
ご飯をざるに入れさっと洗っておく
卵を溶く
薬味(のり、三つ葉など)

<作り方>
鍋に残った具材があればそれを取り出します。
出汁もご飯を入れてひたひたになるくらいの量にします。

出汁に塩、しょうゆを少々入れ薄味に整えます。

沸騰したらご飯を入れます。

ご飯が沸騰してきたら、溶き卵を全体に回してかけ、鍋のふたをします。
火を止めて20秒くらい待って出来上がり。

お好みで、のりや三つ葉、アサツキをかけて食べます。

邪道かもですが、私はポン酢を少々かけて食べるのが好きです。
ふぐの出汁のおいしさと、ポン酢のほんのりとした酸っぱさがマッチして、やめられません!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>