栗の皮むき 鬼皮(外皮)も渋皮も簡単にむける栗の皮のむき方

栗皮むき方001

秋の味覚のひとつ栗!
でも、栗の皮をむくのは一苦労。
そんな栗の皮が、外皮も渋皮も一緒に、簡単にむける栗の皮のむき方を紹介します!

スポンサードリンク

簡単に栗の皮をむく方法

栗の皮を簡単にむく方法をインターネットで調べてみるとゆでて水に浸したり、素揚げしたり、専用の栗の皮むき器をつかったりと色々でてきますが、私がやってみて一番手軽にできたのがこれ!
圧力鍋を使ったむき方です。

そのやり方は、
1.栗のとがったところに十字の切込みを入れます。
後で栗の皮がむきやすくするためです。
包丁を使う場合、滑ってけがをしないよう気を付けてください。

切込みは、鬼皮と渋皮に切れ目が入ればOKです。
深く切込みすぎると、ゆでた後、栗を向いたときに形がくずれやすくなってしまいます。

栗むき器があれば、はさみを先端部分で簡単に鬼皮と渋皮に切込みを入れることができます。

2.圧力鍋に切込みを入れた栗をいれ、ひたひたになるくらいの水を入れます。

3.圧力鍋のおもりをのせ火をつけ、圧力がかかったら、弱火にして7分ほど加熱します。
その後、火を止め水で冷やして急速に圧力を下げます。

加熱時間は圧力鍋の種類によって変わります。
高性能のものほど少ない加熱時間でOKです。
加圧時間が長すぎると栗の皮をむくときに崩れやすくなります。

*私は活力鍋を使っているので、圧力がかかってから1分加熱、その後6分そのままにしておき、その後水で冷やしました。

4.鍋をあけます。こんな感じに栗の皮が向けかかってます。

スポンサードリンク

栗皮の剥き方003

5.皮をむきます。
切込みを入れたところが反り返っているので、そこに包丁をひっかけて引きはがすようにむきます。
手で向くこともできるくらい、簡単に剥けます。
鬼皮(外皮)も渋皮もつるんと一緒にむけて、楽しく栗の皮むきができます♪

子供(6歳)でも、剥くことができました!

栗皮の剥き方002

7.この方法で栗の皮をむくと中までしっかりと火が通っているので、このまま食べることもできます。
栗ご飯に使う場合には、加圧時間を短めにして、半生に仕上げて米と一緒に炊くと、ほどよい柔らかさに仕上がります。

圧力なべを使うと栗の皮が簡単にむける理由

圧力鍋を使ってゆでると、栗の実と渋皮の間にあるほんの少しの空気が、急な加圧のあと減圧されることで一気に膨らんで栗の実と渋皮の間にすきまをつくります。そのため栗の皮がむきやすくなります。

その他、圧力鍋を使わないむき方

圧力鍋がないとこの栗の皮のむきかたはできません。

圧力鍋を使わない場合には、栗をさっとゆでて、粗熱がとれてからむくとむきやすくなります。

また、この方法で鬼皮をむいた後、渋皮に少し切り目を入て多めの油で炒めると、渋皮を上手に剥くことができます。

包丁はよく切れるものを使うことが、簡単にむくポイントです!

まとめ

なかなか大変な栗の皮むきですが、
圧力鍋を使えば、少ない力で簡単にむくことができます。
これで秋の味覚「栗」を楽しみましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>