金魚が動かない、元気がないときの治療方法

金魚
金魚の元気がない、動かなくなってしまった、弱っているようだ
もしかして病気?と考えられるときにまずやりたい治療方法を紹介します。

スポンサードリンク

金魚が弱った原因、まずはじめにやること

昨日まで元気よく泳いでいたのに、弱って動かなくなってしまった。。。

その原因の多くは水槽の水質の悪化です。
また、新しい金魚を水槽に入れた場合には、その金魚が病気などを持ち込んだ場合もあります。

新しい金魚を入れていない場合には、悪化した水質をきれいにするためにまず、水槽の半分~8割の水替えをします。
金魚は水温の変化にとても弱いので、水替えで水温が変化しないように気をつけます。金魚が弱っているときに水温が大きく変化すると、さらにダメージを与えることになってしまいます。

また、餌をあげるのをやめ、絶食させます。
金魚は1か月何も食べなくても死にません。餌をあげることで、消化器官に負担をかけてさらに弱らせてしまったり、水質悪化をまねいてかえって悪い結果になることが多いからです。

絶食が基本です。

次にやることー塩浴

水替えをして餌をあげるのをやめても変化がみられないようなら塩浴をさせます。
塩浴は昔から行われてきた方法で、金魚が寄生虫や細菌によって体力を奪われているときに、塩水の中を泳がせることで、それらを死滅させてくれます。

やりかたは簡単です。
弱っている金魚だけ別の水槽に移し、塩水の濃度0.5%の水の中で泳がせる、これだけです。

0.5%の塩水は、水1Lに5gの食塩を入れることで作れます。
金魚の体液の濃度が約0.7%なので、これより濃い塩水だと金魚への負担が大きくなります。
また、細菌や寄生虫の体液の濃度が3-4%なのでこれより薄いと効果がありません。

スポンサードリンク

金魚が弱りかたが激しいときには、塩水にすぐいれるのではなく、濃度が0.5%になるまで少しずつ塩を入れてならしていきます。

塩水は傷みやすいので、2-3日に一度+、水槽1/3を水替えします。
また、水草や貝類などは塩に弱い生き物は出しておきましょう。

塩浴してもよくならない時は、薬浴を

金魚の様子をみて、よくなっていない、さらに弱っている様子が見られれば、その方法があっていないと思われるので中止します。

変化がなければ、しばらく続けて様子をみます。
あれこれやると金魚に負担がかかってしまうからです。

塩浴を行っても良くならない場合は、薬浴(薬をとかした水の中を泳がせる)を行います。塩浴は浸透圧を利用して治療しますが、薬浴は直接金魚に有害な寄生虫や細菌を死滅させます。

薬浴につかう薬は金魚の症状、病気によって使い分ける必要があります。
金魚の病気といってもいろいろあり、初心者では見極めが難しい場合もあるので、金魚の様子を写真や動画で撮って、ペットショップの店員さんに相談してから購入するとよいです。

薬浴のやり方は、塩浴と同じように弱った金魚を薬を溶かした水槽の中で泳がせます。

まとめ

★金魚が弱った時には、まず、絶食、水替えを
★塩浴を行う
★薬浴を行う

金魚が弱ってしまう原因の多くは水質の悪化です。
定期的に水替えをして、水質の悪化を防ぐということをしていれば
金魚は比較的飼い方の簡単な生き物です。

普段から、水替えを定期的に行う、金魚の様子をしっかり見ることが大切です。

<関連記事>
夏、金魚が元気がない原因や対策はこちらをどうぞ
>>金魚も夏バテする?暑さに弱いの?夏の暑さ対策は?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>