恵方巻きの由来と食べ方。いつから流行ったもの?

節分の時期が近付くと、あちらこちらで売られるようになる「恵方巻き」。

もともと大阪で節分の日に行われていた習慣ですが、今では全国的に広まっています。

恵方巻きは、決まった方角を向いて黙って食べるという食べ方があります。どうしてそのような食べ方をするのか、恵方巻きの由来や食べ方、そしていつから流行ったのか?恵方巻きについてご紹介します。

スポンサードリンク

恵方巻きの由来は?

恵方巻きと名前は昔からあったものではありません。
1998円にセブンイレブンが発売する際につけたネーミングです。

そして、恵方巻きの由来についてはいくつも説があり、どれが正しいのかも定かでありません。

由来のひとつが、大阪で節分に食べられていた「節分の丸かぶり寿司」というもの。
この丸かぶり寿司は、寿司屋や海苔屋、厚焼き卵屋の販売促進として、昭和年15年ころ売り出されたようです。。

更にさかのぼると、江戸時代に大阪商人の間で商売繁盛と厄払いの意味合いで節分の日に「幸運巻寿司」を食べる習慣が始まったという説。
大正時代に遊郭で旦那衆が遊女に太くて長いものを咥えさせる遊びから始まったという説などもあります。

恵方巻きの食べ方

恵方巻きは節分の夜に食べます。
食べ方は、巻き寿司をその年の恵方に向かって、無言で、願い事を思い浮かべながらを丸かじり(丸かぶり)して食べます。

スポンサードリンク

無言で食べるのは、願い事が終わるまでしゃべってはいけないということです。

海苔を切らずに食べると言われているのは、縁を切らないということからのようです。

恵方というのは、その年に歳徳神がいる方向です。
歳徳神がいる方向は毎年変わるので、恵方も年によって変わります。

恵方巻きはいつから流行ったの?

もともと関西(というより大阪)の習慣だった「丸かぶり寿司」に、セブンイレブンが目をつけて、節分にあわせて全国販売を始めたのが1998年です。
恵方巻きという名前は、この時セブンイレブンが初めて使用しました。

その翌年には、ローソンも販売。

その頃は、知名度も低くそれほど売れていませんでしたが、2003年にファミリーマートとイトーヨーカドーも参入し、その頃人気に火がつき、全国的に広がりました。

2004年には、その年のヒット商品や話題の商品のランキングに恵方巻きが登場しています。

まとめ

昔はなかった恵方巻きという行事。
恵方巻きの由来はコンビニやスーパーが仕掛けたものだから、そんな招魂にだまされて食べたくないなんて思っている人もいると思います。

でも、コンビニなどで買わなくても、恵方巻きは自分で作ることもできます。

細かい形式にはこだわらず、家庭のイベントとして行い、楽しめればいいのではないのかと、私自身は思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>