RSウイルスの赤ちゃんの症状。感染経路と予防方法。

過去10年間で、患者数が最も多くなっているというRAウイルス。

6か月以下の赤ちゃんが感染すると重症化する場合があり、特に赤ちゃんに注意が必要な病気です。

RSウイルスに赤ちゃんが感染するとどんな症状が出るのか、感染経路と予防方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

RSウイルスとは?

RSウイルスは、毎年冬に流行する風邪症候群の代表的なウイルスです。

乳児の半数以上が1歳までに、2歳までにはほぼ100%が感染するという感染力の強いウイルスです。
ウイルスは一度かかれば終わりではなく、その後も一生、繰り返し感染します。

症状は成長するにつれて軽くなるため、年長児以降の重症化はあまりありません。

赤ちゃんがRSウイルスにかかるとどんな症状になる?

RSウイルスの症状は風邪に似ています。
感染後4-5日の潜伏期間ののち、鼻水やせき、発熱などの症状がでます。

大人が感染した場合には、軽い風邪で終わってしまうことが多いのですが、初めて感染した場合は重くなりやすいと言われています。
特に生後6か月までの赤ちゃんがかかると気管支炎や肺炎などの重い症状につながることがあります。

スポンサードリンク

赤ちゃんが感染した場合、咳や鼻水に続いて、重症化すると、呼吸がぜいぜいしたり、ひどい咳、呼吸困難などの症状が現れます。
さらに重くなると、細気管支炎や肺炎のおそれが出てきます。。

RSウイルスの感染経路と予防方法

RSウイルスは、患者のせきやくしゃみを通じて感染します。
感染している人が咳やくしゃみをした際に、そのしぶきを浴びて吸い込むことによる飛沫感染、ウイルスがついている(飛沫が飛んだ)ものや手にさわることによる接触感染が主な感染経路です。

空気感染はしません。

感染力が強いウイルスのため、大人がかかると、周囲の免疫力のない子どもにうつりやすくなります。
大人や年長児以上の子供がかかっても、かぜの症状しかでないため、赤ちゃんのいる家庭では、ただの風邪と思わずに気を付ける必要があります。

RSウイルスの予防方法は、かぜと同じように手洗いやうがいをすること。

そして感染した人は、移さないためにマスクをして飛沫を飛ばさないようにすること。赤ちゃんには近づかないようにすることです。

アルコール等での消毒、除菌も効果があります。
赤ちゃんが日常で触るもの(ドアや手すり、椅子などの家具、おもちゃなど)は、アルコールを使ってこまめに拭きましょう。

また、RSウイルスの予防接種はありませんので、赤ちゃんに感染させないためには、周りの人が気をつけるしかありません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>