自動車保険の保険料を安くするための見直しポイント

自動車保険の保険料はここのところ上昇傾向にあります。

少しでも安くしたい、節約したい、でもイザというときのために、ちゃ

んとした保障は欲しいですよね。

必要は補償はしっかり残して、自動車保険の保険料を安くするための見直しポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

保険料を安くするために見直す2つのポイント

保険料を安くするために見直したいポイントは2つあります。

1.運転者をできる限り限定すること。

2.補償内容を見直し、重複しているものいらないものをやめること

この2つについて詳しくご紹介します。

運転者を限定すること

運転者の条件を見直すだけで保険料は大分安くなります。

運転者の範囲は保険会社によっても違いますが、「限定なし」「家族限定」「本人・配偶者限定」などから選べるようになっており、運転者が限られるほど保険料は安くなります。

また、年齢も「限定なし」より「30歳以上」などと高くなるほど保険料は安くなります。

免許証の種類よっても違います。
ゴールド免許のほうが一般のブルー免許より保険料が安くなります。

まずは保険証券を見て、今、加入している保険の運転者の条件を確認しましょう。

そして、実際の運転者に合わせて条件を変更します。
自分と配偶者しか運転しないなら、「本人・配偶者限定」、年齢が30歳を超えていれば「30歳以上」、ゴールド免許になったらゴールド指定にするなど。

毎年、保険の更新時には運転するひとの実態にあわせてこまめに見直しすることが、保険料を安くすることにつながります。

補償内容を見直す

もうひとつのポイントが補償内容を見直すこと。
重複している保証がないか、必要性の低い補償をつけていないか確認しましょう。

必要性が高いのが、対人賠償責任保険と対物賠償責任保険。
他人に損害を与えたときに備える保険なので、金額を無制限に設定するのが基本です。

スポンサードリンク

その他の補償について、見直していきましょう。

自分や同乗者のための保険

ます、確認したいのが自分や搭乗者が事故で死傷した時の損害を保障する保険です。

この保険には2種類あって、人身損害保険と搭乗者損害保険があります。

この2つは事故の際の治療費などをカバーする目的の保険で似ているものなので、重複して加入してないかチェックしましょう。

人身損害保険は、事故にあったときの治療費や休業損害をカバーするもの。事故相手の過失も含めて保険料が支払われるため示談が決着しなくても保険料が支払われます。

搭乗者損害保険は、死傷時にあらかじめ決められた金額が支払われるという保険です。

車両保険を見なおす

保険料で最も高いのが車両保険。
衝突事故や台風、盗難による損害にかぎって補償するエコノミー型と自損事故や当て逃げまでカバーする一般型があります。

保険料は一般型がかなり高いです。
エコノミーにすることで2万円以上保険料が安くなることもあります。

また一定の損害額まで保険金が支払われない「免責」もいくらになっているか確認が必要です。

免責額を高めにすれば、事故の時の修理費用を自己負担にするリスクが高くなりますが、保険料は安くなります。

車両保険を見直しするポイントは、万が一の事故の時に家計に及ぼダメージがどれくらいあるかということです。

自動車ローンを返済中だったり車が日常生活に欠かせない場合、全損事故がおきると、もう使えない車のローンを返済し続けたり、買い替え用の費用がすぐに必要となったりします。
そんな方は車両保険の必要性が高いと言えます。

特約を見直す

例えば、自動車保険には車で外出した先でのけがを補償する特約や事故の際に応急対応する特約があります。

これらは、一般の障害保険でカバーできたり、JAFに入会していると対応してくれるものもあります。

必要に応じた保険にする、一般の障害保険も含めて重複加入を見なおすことで自動車保険は安くすることができます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>