インフルエンザa型b型c型の違いは?AB両方かかる?同時感染はある?

インフルエンザ予防毎年、冬になると流行するインフルエンザ。
一度かかったから、もうかからないというわけにはいきません。
なぜなら、毎年違った形のインフルエンザウイルスが流行するからです。

インフルエンザにはA型B型C型と3つの型があります。
流行するのは主にAとB。C型は幼児の間で感染することが多いです。

それぞれの型abcの違い、A型、B型両方感染することはあるのか?同時に感染することってあるか?ご紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザA型B型C型の違い

インフルエンザの型の違いは、ウイルスの表面タンパク質が違うことによります。

A型のたんぱく質は構造が変化しやすいタンパク質。
B型は変化の少ないタンパク質。

人間には免疫機能があり、過去に一度侵入してきたウイルスを記憶し、次に入ってきたときにやっつけるシステムがあります。

B型は変化の少ないウイルスなので、感染しても強い免疫力を持つ人は、免疫機能が一度侵入したウイルスだと認識してやっつけてくれ、感染しないことも多いです。
また、免疫の効果もA型より長く持続すると言われています。

スポンサードリンク

一方、A型ウイルスは大きく変化するウイルスのため、一度感染しても、また違ったタンパク質の構造となり流行します。
そのため、一度A型インフルエンザに感染していても、免疫機能が働かず大流行しやすいウイルスと言えます。

C型ウイルスは、主に4才以下の幼児が感染します。
季節も関係ありません。
症状も鼻水が多く出る程度なので、インフルエンザと気が付かないことがほとんどです。
大人は免疫力が備わっているので、流行することはありません。

そのため、インフルエンザの型はA型B型C型と3つありますが、主に話題になるのはA型B型の2つです。

インフルエンザA型、B型の症状の違いはある?

A型は高熱が出やすい、B型はお腹にくるというようなことをいう人もいますが、基本的にインフルエンザA型、B型の症状は同じです。

個人によって、症状の違いはあります。

A型、B型両方かかるの?同時にかかることはある?

インフルエンザのA型、B型はそれぞれ違うウイルスなので、両方かかることはあります。
 
さらに、A型のインフルエンザウイルスは色々が型の種類があるため、A型に2度感染するという可能性もあります。

A型とB型に同時に感染することもあります。
実際に検査してみたら、AもBも陽性だったということはあります。

ただ、同時にかかったからといって、症状も2倍ひどくなるかというとそうではないようです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>