善光寺御開帳とはどんなもの?日程はいつから?期間中に行われるイベント

善光寺

今年(平成27年、2015年)は、7年に1度の善光寺御開帳の年です。 善光寺御開帳とはどんなものなのか?いつから始まってどれくらいなのか? また、期間中に行われるイベント(行事)をご紹介します。

スポンサードリンク

善光寺の御開帳とは?

長野県の善光寺では、7年に1度御開帳があります。

7年といっても開帳の年を1年と数えるため、実際には6年に1度、丑年(うしどし)と未年(ひつじどし)に行われます。

御開帳では、善光寺の本尊(秘仏)の代わりである「前立本尊(まえだちほんぞん)」が本堂で公開されます。

前立本尊は、通常は、本堂の脇にある別の建物(天台宗別格寺院の大勧進御宝庫)に安置されていて、御開帳が始まる前に本堂の中に運ばれます。

また、期間中は、回向柱(えこうばしら)という柱が本堂の正面に建てられます。

前立本尊と回向柱は「善の綱」と呼ばれる5色のひもで結ばれ、回向柱に触れると、前立本尊に触れたのを同じご利益があり、来世の幸せが約束されると言われています。

本堂前だけでなく、釈迦堂の前にも小さい回向柱が立てられ、釈迦堂に安置されている釈迦涅槃像の右手と紐で結ばれます。 この回向柱に触れると釈迦涅槃像に触れたのと同じご利益があり、こちらは現世の幸せが約束されるとされています。

御開帳で公開されるのは、本村の代わりである前立本尊。
では、本当の本尊はどうなっているのか気になりますが、本尊の阿弥陀如来は善光寺に移されて以降、ずっと秘仏となっており、現存しているかどうかは定かではないようです。

スポンサードリンク

善光寺御開帳2015の日程はいつから?期間は?主な行事

善光寺御開帳の日程

2015年4月5日(日)~5月31日(日)

主な行事

3月29日(日) 14:30 回向柱(えこうばしら)受入式
回向柱が松代から寄進されます。

4月3日(金)13:00 回向柱建立式
本堂の前に回向柱が建てられます。 神楽桟(かぐらさん)という特別なろくろを使って、昔ならがの技法で、人の力だけで立てられます。

4月4日(土) 15:00 前立本尊御遷座式(まえだちごほんぞんごぜんざしき)
白装束の男たちが前立本尊の入った逗子を担いで本堂に運びます。本堂では住職がそれを担ぎ、内々陣へ運びます。

4月5日(日) 10:00~12:00 開闢大法要(かいびゃくだいほうよう)
御開帳初日、秘仏となっている本尊の分身である前立本尊の厨子が7年ぶりに開かれます。
10時からは大法要が営まれ御開帳が始まりとなります。

4月25日(土)10:00~14:00 中日定儀大法要(ちゅうにちていぎだいほうよう) 天台宗
開帳された前立本尊を讃えるために行われる重要な法要。

5月9日(土)10:00~14:00中日定儀大法要(ちゅうにちていぎだいほうよう)浄土宗
善光寺は天台宗と浄土宗によって護持・運営されているため、大法要も別々に行われます。
浄土宗ならではの踊りや稚児(ちご)たちによる礼讃舞が行われます。

5月17日(日)17:00 篠ノ井大獅子奉納
長野市の無形民俗文化財に指定されている篠ノ井地区の大獅子2体が、善光寺表参道を練り歩きます。

5月31日(日) 10:00~12:00 結願大法要(けちがんだいほうよう)
御開帳を締めくくる法要。
17:00には、前立本尊の厨子の扉が閉められます。

6月1日(月) 13:00 前代本尊御還座式(まえだちほんぞんごかんざしき)
前立本尊が善光寺御宝庫へ運ばれます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>