敷布団のカビの落とし方 防止する方法は?ファブリーズって効果ある?


気が付いたら敷布団にカビが生えていた!

体験されているかたも多いと思います。

私もやってしまいました。

冬は特に要注意。フローリングの床はもちろん畳でもカビは発生します。
今回は、
・敷布団についてしまったカビの落とし方、
・カビを防止する方法、
・ファブリーズは効果あるのか
・布団を中まで綺麗にする方法をご紹介します。

スポンサードリンク

敷布団のカビの落とし方

敷布団にカビがついているのを発見したとき、やってはいけないのは掃除機で吸い取ることです。

掃除機を使うと、吸い取られたカビの胞子が排気と一緒に出て、部屋中に広がってしまいます。

カビを発見したら、まず拭き取りましょう。

その後、カビがついてしまった敷き布団は殺菌します。
殺菌には、消毒用エタノールか液体酸素系漂白剤(ワイドハイタ―など色柄物に使える漂白剤)を使います。

消毒用エタノールは、たっぷり、スプレーでかけてそのまま自然乾燥させ、しっかり乾かします。

液体酸素系漂白剤を使用する場合は、薄めたものをたっぷりめにしみこませて、1時間放置。その後固く絞った濡れタオルで拭きとり、乾いたタオルで叩いて水気を吸わせ布団を干します。

消毒用エタノールのほうが、拭き取ったりする手間がなく、臭いが残らないのでおすすめです。

ただ、費用を考えると液体酸素系漂白剤のほうが安いです。
真っ白に漂白してくれるハイタ―やカビとり剤は「塩素系」漂白剤ですので、使わないでくださいね。

敷布団のカビを防止する方法

敷布団のカビの原因は、湿気、結露です。

布団の仲の湿気が寝ている間に温められたり、寝ている間にかく汗などが冷たい床に接することで水に戻り、これがカビの原因となります。

フローリングの場合は湿気を全く吸わないので、畳よりも特にカビが発生しやすいです。

敷布団のカビを防止する方法は、布団を床と接触しないようにして、通気をよくし結露を防ぐことです。

それには、布団の下にすのこを敷きます。
ただ、これだけでは十分でなく、すのこにカビが発生することもあります。
そのため、すのこの上に除湿シートを敷いて、湿気を取るようにします。

更に対策するなら、断熱アルミシートをスノコの上に敷きます。
断熱シートを敷くことで布団の湿気が冷たい床に直接触れることを防ぐことができます。

つまり、すのこベッド→断熱アルミシート→除湿シート→敷布団
この組み合わせが最強です。

この場合でも、除湿シートはこまめに干して、布団は敷きっぱなしにせず、毎日上げ下ろしすることが大切です。

スポンサードリンク

ファブリーズって効果があるの?

布製品の除菌や消臭ができるファブリーズですが、発生してしまったカビ菌を殺すまでの効果はありません

また、カビの予防としても十分ではありません。

ファブリーズ消臭除菌効果は一時的なものです。カビが繁殖するのに必要な水分である湿気をしっかり取り除くことが、カビを防ぐのには必要です。

カビがついた布団を中までキレイにするには?

カビがついてしまったお布団、どうしますか?安い布団なら、処分してまた買うのもいいでしょう。でも、それなりにお値段のしたものだともったいないですよね。

上にご紹介した方法で、漂白剤やアルコール消毒で表面のカビを殺菌することはできますが、中まで綺麗にするには、やはり、布団を丸洗いが必要になります

ただ、自宅で布団、特に敷布団を洗うのは、スペースも不十分だしすすぎや乾燥まで考えるとかなり難しいです。しっかり乾燥させないと、残った湿気が新たなカビの原因にもなります。

そんな時、宅配の布団クリーニングを使えば、簡単に敷布団をきれいにすることができます。

布団クリーニングは、布団の表面だけでなく中わたまで丸洗いして、カビはもちろん、皮脂や汗汚れ、花粉、ダニの死骸やふんなど、布団の中にたまっている汚れをきれいさっぱり洗い流してくれます。

さらに、大型の乾燥機で熱処理乾燥するから、殺菌効果も抜群で、ダニの除去率は99.8%。カビの菌もしっかり殺菌でき、カビ再発の予防にも役立ちます。

布団をクリーニングしてくれるお店もありますが、便利なのは宅配クリーニング。自宅まで集荷に来てもらえて、出来上がったものを配達してくれるから重い布団も楽にクリーニングに出すことができます。

中でも、フレスコは、布団丸洗い・クリーニングの専門店

フレスコの他のクリーニング店の違いは、布団の繊維や中わたや羽毛を傷めずキレイにするために、自社開発の布団専用機械や洗剤を使って、独自の方法でクリーニングしていること。

フレスコのホームページを見ると、布団の洗い方、使っている洗剤、乾燥方法など詳しく書かれているので、大切な布団も安心してまかせることができます。

フレスコ布団クリーニング

毎日使っている布団は、目には見えなくても、こんなに汚れています。細菌の数もすごいですね。フレスコの布団丸洗いすることで、これだけ汚れが落ちるそうです。

フレスコの布団クリーニング料金は、1枚だと6400円かかってしまいますが、3点なら10000円(1枚あたり約3333円)しかも、往復の送料も無料です。

カビのついてしまった布団だけでなく、家族の布団や羽毛布団(掛け布団)を一緒に出すことで、お得にクリーニングできますよ。

カビのついてしまった布団も丸洗いできれいに!
こだわりの布団専門クリーニング店
詳しくは画像をクリック
↓  ↓  ↓  ↓


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>