バレンタインの友チョコに大量OKの簡単、短時間、安いの手作りレシピ

0-88
もうすぐバレンタイン。

準備はしましたか?

前日に、友チョコを大量に作るのって大変です。

そこで、簡単にできてかわいい、作業時間15分と短時間で出来るから大量生産もOKの手作りチョコの作り方をご紹介します。

スポンサードリンク

バレンタインの友チョコにぴったり 大量OK 簡単な作り方

手作りチョコを大量生産するなら、やっぱり短時間で作れるものがおすすめです。

短時間で作るポイントは、ずばり市販のお菓子を使ってアレンジすること!

今回は、市販のチョコ、チョコ以外のお菓子を使って作る超簡単レシピ2つと簡単なのに本格的に見えるチョコレシピを2つご紹介します。

市販のお菓子をアレンジ 超簡単 友チョコ2つ

ポップチョコ

★材料(9個分)
ミルクチョコレート
ホワイトチョコレート
いちごチョコレート  各80グラム
ホップコーン 30グラム

★作り方
1.3種類のチョコレートをそれぞれ荒く砕いて、耐熱容器に入れ、ラップしないで電子レンジで1分20秒~30秒チンして、かきまぜてチョコを溶かします。

2.ポップコーンを3等分にして1に加えて混ぜます。

3.プラスチックカップや紙カップに入れる

4.冷蔵庫で冷やして固める

作業は、チョコを溶かしてポップコーンを混ぜるだけ!超簡単、失敗ナシ。

電子レンジによってワット数によって加熱時間は変わるので、様子を見て加熱時間を加減してください。

サクサクひとくちチョコ

★材料 30個分
チョコレート 180グラムくらい
ビスケット 10枚

★作り方
1.ビスケットをなるべく細かく砕く。フードプロセッサーを使うと便利

2.チョコレートを耐熱容器に入れ、ラップをしないで電子レンジに入れ、約2分加熱。

3.2をかきまぜてチョコを溶かし、1を入れる

4.型に3を温かいうちに流し入れる。

5.冷蔵庫で冷やし固めて型から抜く

簡単なのにちょっと本格的な友チョコの作り方

炊飯器で作るガトーショコラ

ホットケーキミックスを使うって時間短縮。炊飯器だから失敗なしのガトーショコラです。

スポンサードリンク

★材料(1ホール分)
チョコレート     150g
ホットケーキミックス 150g
牛乳         150cc
卵          1個

★作り方
1.チョコレートを溶かします

2.溶かしたチョコとホットケーキミックス、牛乳、卵をボールに入れて混ぜる
  ホットケーキミックスを使うのでチョコ以外の味付けはなしでOK

2 炊飯器に入れて、炊飯のボタンを押す
  約1時間には出来上がり!

実際の作業時間は15分以下。1ホールで8個のガトーショコラができます。

マシュマロ&ナッツのチョコバー

マシュマロ、ナッツ、レーズン入りだから、ちょっと高級感もあるチョコバーに。好みで中に入れるものを変えてもOK。

★材料
ビターチョコ      300g
種用のビターチョコ    30g
ミックスナッツ(無塩) 150g
マシュマロ       40g
レーズン    30g
(グリーンレーズンやオレンジピールでもOK)

★作り方
1.ビターチョコレートを細かく刻んで、ボールに入れる。
  種用のチョコレートも細かく刻み、上とは分けてとっておく。

2 鍋に水を入れ、60℃になったら火を止める。刻んだチョコレートのボールを乗せ、ゆっくり溶かし、40℃になったら鍋からおろす(チョコレートが溶けた状態)。

3.マシュマロが大きい場合は、アーモンドの大きさ位にカット

4. 2のチョコレートを室温で35℃まで冷ましたら、種用チョコレートを加え溶かすように混ぜる

5.ミックスナッツ、マシュマロ、レーズンを、1種類ずつ加え、よく混ぜる

6.お弁当箱などに流しいれ、冷やして固める。量を多く作る場合は、クッキングシートに平らに伸ばして、そのまま室温で固めてもOK

7.涼しい室内で30分以上冷ましたら、包丁で渡す人数分に分ければ完成

切る大きさによりますが、この材料で約20個分のチョコバーができます。

まとめ

どちらのレシピも簡単なものです。
特に始めに紹介した2つの超簡単レシピは、チョコを溶かすのも電子レンジだから、火を使う必要がなく、子供でも作れます。

100均にはラッピング素材も色々あるので、アレンジも色々できます。今年はワックスペーパが種類豊富に出ているのでおすすめです。

年に1度のバレンタイン、楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>