潮干狩りの時期はいつがベスト?持ち物で便利なもの、アサリの持ち帰り方

春のレジャーのひとつ潮干狩り。

大人も子供も楽しめるのがいいですね。

潮干狩りはいつでもできるわけではありません。

潮干狩りに行く時期はいつがいいのか?必要な持ち物やあると便利な持ち物、アサリの持ち帰り方をご紹介します。

スポンサードリンク

潮干狩りの時期はいつがベスト?

潮干狩りは春のレジャーとしておなじみですが、実は、この時期にしかアサリはとれないわけではなく、一年中できます。

では、どうして春になると潮干狩りか?というと

4,5月は、干潮、満潮の差が大きく(大潮)、潮が大きく引いて砂地が多く現れます。
そのため、貝がとれやすくなります。

また、貝は夏に産卵するため、春の貝は栄養分を蓄え一番ぷくぷくとして美味しい時期です。

そんなことから、潮干狩りのベストシーズンは4,5月の干潮の時となります。

また、潮干狩りは1日中いつでもOKというわけではありません。
できるのは、特に大きく潮が引く日の干潮の時間の前後2時間です。

干潮の時間は毎日変わります。

行く日を決めるときには、インターネットで毎日の干潮の時間が確かめてくださいね。

潮の満ち引き表はわかりずらいですが、味方のポイントは、
1.干潮の時間が昼間の潮干狩りしやすい時間
2.潮位がマイナスから20センチくらいの時がベストの時間です。

干潮の時でも潮位が50とか60の時は、潮が引きが少なく、潮干狩りには適しません。

こちらで干潮の時間をチェックできます。
 >>潮位表

潮干狩りの持ち物で便利なもの、必要なもの、服装

潮干狩りに必要なものを挙げますね。

必需品

帽子
海岸は日を遮るものがなく、直射日光があたります。熱中症対策、日焼け対策に帽子は必須です。

熊手
これがなくては、アサリはとれません。
プラスチックのものより、鉄のもののほうが砂をかきやすくアサリが取りやすいです。
小さな子供には、危険防止のため、プラスチック製のほうが○です。

バケツや網
とったあさりを入れます

着替え
海水に入ってしまったり、砂で汚れたりします。
着替え持参で思いっきり楽しみましょう。

あると便利なもの

ざる
とったアサリを洗うためです。
目が細かいと砂がざるに残ってしまうので、プラスチック製などのあらいものがおすすめ。

スポンサードリンク

クーラーボックス、保冷剤
とったあさりの持ち帰るため

潮干狩りの服装

5月になると、紫外線は真夏と同じ位になります。
ずーっと炎天下にいる潮干狩りは、とても日焼けしやすいです。

そのため、首の日焼けを防ぐため襟のあるシャツを着て、首にタオルをまきましょう。
腕も日焼けするので、長袖シャツがおすすめです。

足元は長ぐつにします。

手を切ったりするのを防止するため軍手をはめるのもいいですが、貝をとるには素手のほうがとりやすいです。

潮干狩りでアサリの持ち帰り方

アサリをとった後は真水で軽く洗います。
アサリの表面に付いた菌などを洗い流すのと、アサリは真水を嫌がり口を堅く閉じるので、持ち帰る間に外気の影響を受けにくくなり、結果的にアサリの新鮮さが保たれるためです。

その後、持ち帰る方法は、2つあります。

ひとつはアサリを海水に入れて持ち帰る方法、もうひとつはクーラーボックスにいれて持ち帰る方法です。

海水に入れて持ち帰る方法は、そのまま砂抜きができるところが利点です。

ただ振動や揺れがある(一般道を車で帰る)場合は、適しません。
アサリは揺れていると口が開かないので砂出しはできませんし、水の中で踊らされてしまい弱ることもあります。

また、海水が車の中でこぼれることもあります。
振動が少ない(高速で帰る)、家まで近い時などは効果もあります。

クーラーボックスで持ち帰る場合は、あさりを洗った後新聞紙で包みます。

その後、クーラーボックスの一番下に保冷剤を入れ、その上に新聞紙につつんだアサリを置きます。

もしくは、クーラーボックスにアサリが乾かない程度の海水を入れ、保冷剤を入れます。

氷を使って冷やす場合は、氷が直接貝にあたると冷たすぎて死んでしまうので、気を付けてくださいね。

長時間車で帰るような場合は、こちらのほうがいいですね。

この場合は、家に帰ってから、砂出しをします。
砂出しは、濃度3%の塩水を作り、その中にアサリを3,4時間置きます。
濃度3%の塩水は、水1リットルに対して塩30グラムをとかすとできます。

まとめ

潮干狩りは家族そろって楽しめ、子供にもよい体験になりますね。

とったあさりは、お味噌汁のほか、ボンゴレスパゲティもいいですね。

日焼けして大変だった。。。帰ってみたらあさりが死んじゃってた。。。なんてことにならないよう、しっかり準備してお出かけしてください~。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>