エアコン掃除 スプレーは効果ある?自分で簡単に掃除する方法

エアコン掃除我が家では夏はクーラー、冬は暖房とて、エアコンをフル稼働してます。

フィルターにはほこりも結構つくし、エアコンの中も汚れているんじゃないかと、気になります。

最近、よくみかけるエアコンが掃除できるスプレー。

自分で掃除をしようと思って調べると、スプレーには問題ありという記事もたくさん出てきます。

エアコン掃除スプレーは効果があるのか?自分で掃除が簡単にできる方法はあるのか調べてみました。

スポンサードリンク

エアコン掃除スプレーは効果ある?

ホームセンターなどで見かけるエアコン掃除スプレー。
泡がぶくぶく出てきて、汚い排水もでてくるようなのできれいになると思ってしまいがちですが、注意したいことがあります。

それは、エアコン掃除スプレーで掃除するのは、ごく限られた一部分のみということです。

エアコンの内部は、正面からだと、フィルターがあって、その奥に熱交換器(フィン)さらにその奥にファンという具合になっています。

フィルターは自分で掃除できます。

エアコン掃除スプレーが掃除するのは、その下の熱交換器(フィン)のみです。

熱交換器はフィルターを外すと縦に何本もあるならんでいるものです。

実際に、エアコンの汚れはこの熱交換器だけでなく、風を送る為ファンやモーターの周り、冷却した空気を通るダクト、パイプの中など、いろいろなところにあります。

エアコンから臭いがする場合は、それらの部分の汚れにカビなどが発生していることが原因になっています。

だからエアコンスプレーで、一部分のみをを掃除したからといって、根本的にクリーニングしたことにはなりません。

また、エアコン掃除スプレーは使った後リンスをしないため、洗浄成分がエアコン内部に残り、カビのエサとなってしまったり、汚れがより頑固に付着したりということもあるようです。

エアコンからの臭いがひどいとき、内部がかなり汚れてるような場合は、業者さんにお掃除を頼んだほうがよさそうです。

また調べたところ、エアコンはフィルター掃除と内部乾燥をしっかりやっていれば、毎年、内部を掃除する必要はなく、3~4年に一度で十分だそうです。

スポンサードリンク

きれいを保つためには、こまめに掃除が一番のようですね。

エアコンの掃除 自分で簡単にできる事は?

エアコンを清潔に保つには、こまめにお掃除することが一番です。
自分で掃除できる場所は、フィルターと吹き出し口(ルーバー)の部分です。

自分で簡単にできるお掃除方法を紹介します。

フィルターの掃除

フィルターの掃除、どうやってますか?
フィルター掃除を効率的にきれいにできるコツです。

1.外す前に全体的に掃除機をかける
 フィルターを外した時にホコリが落ちるのを防ぎます。
 また、外すときには、ゆっくり丁寧に外します。

2.外したフィルターは外側から掃除機をかけます
 ホコリはフィルターの外側についています。
 これを、内側から掃除機で吸ってしまうと、ほこりがフィルターの目につまってしまうことにも。
 掃除機は必ず外側からかえましょう。

3.月1回はお風呂で水洗いして、陰干しする
 掃除機だけではフィルターの目につまった細かいホコリを完全にとることはできません。
 月に1回はお風呂のシャワーで水洗いしましょう。
 シャワーをかけるときは、掃除機とは逆に内側からかけます。
 外側からかけると目詰まりの原因になります。
 洗剤を使う場合には台所用中性洗剤を水で薄め、柔らかいブラシを使うとフィルターを傷めません。

吹き出し口(ルーバー)の掃除

1.コンセントを抜く
 エアコン内部を触るので必ず抜きます。

2.ルーバー(エアコンの送風の時に上下に動く部分)を手で下に向ける。

3.中を拭く
 タオルに中性洗剤を薄めたものをしみこませ、指まいて中を拭きます。
 手が奥まで届かない場合は、定規や割りばしのようなものにタオルを巻いて拭きます。

4.タオルを水で絞って仕上げ拭きをします。
 洗剤を拭き取るためです。

5.電源を入れ送風運転を20-30分して、乾かして完了

まとめ

調べてみて、エアコン掃除スプレーを使うよりは、日々の簡単なお掃除がいい。
汚れがひどい、かび臭いなど問題があった場合、数年に一度、業者さんに内部までしっかり掃除がベストな方法と思いましたがいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>