引越し料金を安くする3つのコツ!安い時期、曜日は?

引越し

引越しをすることになったけど、できれば安く済ませたい!

そのためには、数社から見積もりをとって比較することはもちろんですが、それ以外にも引越し料金を安くするコツがあるんです。

引越料金を安くする3つのコツと、引越しの安い時期、曜日をご紹介します。

スポンサードリンク

引越し料金を安くする3つのコツ

引越しはこの3つのコツを知っていれば、安く抑えることができます。

不要な荷物は見積もり前に処分する

引越しが決まったらすぐに見積もりとらないと。。。。ということになりがちですが、引越料金を安くするためには、見積もりの前に不要な物は捨てて荷物を減らしておきましょう。

引越しの料金は、使うトラックの数や作業員の人数によって大きく変わります。

荷物が大きくなれば、当然トラックも増え、作業員の数が増えることも。

特に大きくかさばる家具などの箱物を処分するのが重要です。
例えば、タンスはからっぽにして運ぶので、荷物の量は1.5倍以上になってしまいます。

引越し先が近い場合は、小さなものは自分で運ぶこともひとつの方法。

忙しいから、もう引っ越しが近いから処分は引っ越し後にゆっくり。。。では無駄に運ぶ手間も料金も無駄にかかってしまいます。

見積もりまでに処分できない場合は、見積もりの時にこれは持っていかないということをしっかり伝えるようにしましょう。

数社から見積もりをとる

引越しの料金はあってないようなもの、各社バラバラです。

安くするためには、見積もりを複数の業者からとり(相見積)、それをもとに交渉するようにします。

他の業者の様子を聞きながら、料金を下げてくるところもあります。

業者と値下げ交渉する場合には、見積もりの内容についても注意しましょう。

引越しの料金は、作業員の人数、トラックのの大きさ、今住んでいる建物の状況(1階か2回以上か、エレベーターはあるかなど)、引っ越し先の建物などで変わります。

またピアノやエアコンなどがある場合は、その分が含まれているかどうか確認します。

スポンサードリンク

料金が安いところを選んだら、トラックが小さくて積みきれなかった。
見積もりには作業員1名だったけど、当日は3人来て追加で料金がかかった。。では困ります。

見積もりも比べるときは、トータルの値段だけでなく各社の条件、内容を比べて決めましょう。

インターネットの引越し見積もりサービスなら、一度に数社の見積もりがとれて、手間もかからず便利です。
また引越し業者も一括見積していることがわかるので、できるだけ安い料金を出そうとしてくれます。

引越し料金が安い日時を選ぶ

引越し料金はシーズンや日時によって料金が変わります。

引越しする人が多い時は高く、少ないときは安くなります。

次に、引っ越しの安い時期、曜日を紹介しますので参考にしてくださいね。

引越料金の安い時期、曜日は?

引越しが最も高いのは、2月後半から4月上旬にかけて。
新生活が始まる時期で、引っ越しする人も多く、どこの業者も料金が高くなる傾向にあります。

安く済ませるなら、オフシーズンや引越しする人の少ない時期がおすすめです。

引越しの一番安い時期

一般的に引越料金が安いのは、5月後半~2月前半まで。

その中でも、9月上旬が一番安くなったというアンケート結果もありますが、業者によっては9月末~10月は転勤で引越す人も多くそれほど安くないというところもあります。

業者によって、オフシーズンや料金が安い時期の設定は違いますので、見積もりをとる際に確認しましょう。

引越し料金が安い日、曜日、時間は?

多くの人は土、日、祝日に引越しします。
特に、土曜が多いです。

そのため、平日は引越し業者もヒマになることが多く、引っ越し料金も安くなります。

中でも安いのが月曜、火曜日。

また、仏滅は引越しを避ける人もいるため、料金も安くなりがちです。

その他には「時間指定なし」や「午後便」を選ぶのもひとつの方法です。
これは、一件目の引越しが終わってからというパターンが多く、何時なるのかわからないという不便さはありますが、その分料金を節約することができます。

まとめ

引越料金を安くするコツは、
・荷物を少なく
・相見積で料金を下げる
・安いシーズン、日時を選ぶことです

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>