浴衣の着方 どっちが前?下着は?初心者OKの簡単な着付け動画紹介

浴衣
夏は、お祭りや花火大会で浴衣を着る人も多いです。

でも、いざ浴衣を着ようと思ったら、どっちが前?どっちが上?とわからなくなってしまった人も多いのではないでしょうか?

浴衣の着方が間違っていると恥ずかしい思いもするし、せっかくのお祭りや花火大会も楽しめません。

浴衣の着方の疑問、どっちが前?下に何着る?初心者でもOK、一人で着るための動画をご紹介します。

スポンサードリンク

浴衣の着方は、どっちが前?どっちが上?

浴衣は、右前に着るのが正しい着方です。

でも、これだと右が上に来るって思っちゃいますね。

そうでは、ありません!!

浴衣の正しい着方は、左が上です!

右前の「前」は、手順として前(先)と言う意味で、右から先にという意味です。

浴衣の右側を先に体にあてて、左をその後に。。。なので、呼び方は右前、実際に着た時には左が上になります。

浴衣や着物は、自分の右手が襟元の懐に入るようになってます。

お茶席などで使うお懐紙が右手で懐から出せるようにです。

「右前」という言葉が間違いに原因にもなっているので、「右から手が入れられる」と覚えていたほうが、間違いも少なくなるかと思います。

浴衣の着方 下着はどうする?

浴衣を着るときに、下着はどうしたらいい?

つけないほうがいい書かれているものあるけど、それってちょっと抵抗ありませんか?

浴衣を着るとき下着は着ても大丈夫です。
でも、洋服の時と同じブラはやめましょう。

理由は、着物は体を寸胴にしたほうが着崩れもしないし、綺麗に見えます。
でも、普通のブラは、胸を大きく見せたり谷間を作ったりするようにできているので、浴衣には逆効果。

浴衣の場合は、胸が大きいと帯の上に胸が乗ったようになって、太って見えてしまったり、着物姿がきれいにはみえません。

基本的には下着はつけなくてもOK。
でも、夏は汗もかくし、下着をつけたほうが着物を傷めなくてすみます。

和装ブラなど着物専用の下着でもいいですし、持っていない場合や浴衣を着る機会が少ないし買うほどでもないという場合は、ブラトップ(ブラつきキャミソール)でOKです。

浴衣の着方 初心者でも簡単、1人で着られる着方

初心者でも大丈夫。簡単な浴衣の着付け方法、きれいに着こなすコツを紹介した動画です。

浴衣の着方

1.肌着をつける

2.浴衣を羽織る

3.上前の位置を決める
下前の位置を決め、上前を重ねる

4.腰ひもを締める

5.浴衣の脇の下の空いている部分(身八口みやつぐち)から手を入れ、しわにならないよう前を整える。
同じように後ろを整える

6.袖元を整え、襟を合わせる

7.胸の下で紐を結ぶ

8.伊達締めをまく

9.帯を締める(クリップや洗濯ばさみを使ってしっかり巻きます)

10.帯の結び目を前で作り、形を整えてお尻の位置にずらします。

浴衣の着付け 帯を簡単にする方法

浴衣の着付けを自分でやるときに、一番むずかしいのが「帯」。
浴衣を自分で着るのが初めてだったりうまく着付けできるか心配な方は、あらかじめ形が作られている「作り帯」にすると簡単です。

スポンサードリンク

帯をくるくると巻きつけて、最後にリボン型の作り帯を指すだけで完成です。

その他に、やわらかい素材でできた兵児帯(へこおび)を使う方法もあります。
兵児帯もくるくる巻いて結ぶだけ。
アレンジ方法も色々あります。
子供が使う帯のイメージがありますが、大人用の色、柄もあります。

こちらの浴衣は、浴衣帯か兵児帯を選んでセットにできます。

まとめ

浴衣の着方、ポイントはつかめましたか?
きれいに浴衣を着こなして、夏祭り、花火大会を楽しんでくださいね♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>