端午の節句飾りの時期 いつからいつまで?何歳まで飾る?種類と意味は?

端午の節句飾り
5月5日 子供の日は「端午の節句」。
男の子の健やかな成長を祝う日でもあります。

端午の節句には、五月人形(兜かざり)やこいのぼりを飾りますが、疑問に思うのが、飾りの時期。
「いつから飾って、いつまで飾るのか」ということ。

そして、子供が大きくなってくると気になるのが
「何歳まで飾るのか?」

端午の節句の飾りは、いつから飾っていつしまうのか?何歳まで飾ったりお祝いするのか?

そして、意外と知らない端午の節句の飾りの意味をご紹介します。

スポンサードリンク

端午の節句 飾りの時期 いつからいつまで?

端午の節句の飾りには2種類あります。

ひとつは内飾りと言って、家の中に飾る兜や鎧。
もうひとつは、外に飾るこいのぼりです。

どちらも、いつまでにかざらないといけないという決まりはありませんが、お節句の2、3週間前、4月の中旬ころまでに飾ります。

お節句の直前や当日に飾るのは「一夜飾り」といって縁起が悪いとされています。

初節句の場合は、早く厄除けするためにも、早めに飾るとされています。兜のような内飾りは、3月20日の春分の日を過ぎた頃から、こいのぼりのような外飾りは4月中旬ころから飾ります。

初節句の場合は、大安や友引などのよい日を選んで飾る人も多いです。

スポンサードリンク

我が家でも、初節句は、兜を購入したお店が大安の日を選んで届けて、飾ってくれました。

片づける日も、特に決まりはありません。
お雛様のように、早くしまわないとお嫁に行くのが遅くなる。。なんてこともありません。

5月6日以降、天気のよい晴れた日に、しっかり干して、湿気をとってからしまいます。

端午の節句の飾り 何歳まで飾る?お祝いは?

女の子のひな人形は嫁入り道具にもなる一生ものです。

それに対して端午の節句の飾りの鎧や兜を飾るのは、子供が自分の身を守れる年になるまでと言われています。

具体的には、昔の元服の年頃までとされています。

鎧兜を何歳まで飾るかは、地域によっても違うようで、早いところだと7歳ころには飾らなくなるようです。

鯉のぼりは家運隆盛を願うものなので、何歳までという年齢は関係ありません。

ただ、鯉のぼりは、外に出して飾るのものなので風雨にさらされ傷んでしまったり、子供が「恥ずかしい」と言って中学生頃に飾らなくなる家が多いようです。

端午の節句の飾りの意味、由来は?

鎧、兜

端午の節句の鎧兜の飾りは、武具としてではなく「産着の鎧」といって邪気をはねのけてもらうためのものです。

鎌倉、室町時代に武家の風習で、5月に節句になると、座敷に鎧や兜、武具を飾っていたものが、江戸時代になって、庶民の間にも広まり定着しました。

鯉のぼり

鯉のぼりは町人文化から生まれた飾りです。
鯉のように強い生命力をもち、立派な人になってほしいという立身出世を願う飾りです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>