アップルウォッチのできることって?値段はいくら?買える場所は?

アップル4月24日に発売となったアップルのウェアラブル端末「アップルウォッチ」。

アップルウォッチって、ニュースやテレビで取り上げられて話題にはなったけど、実は何ができるのか、どんなものなのか知らない人も多いのでは??

今日は、アップルウォッチのできること(機能)と種類と値段、買える場所はどこかお伝えします。

アップルウォッチに関する素朴な疑問を解決してください~。

スポンサードリンク

アップルウォッチのできること、機能は?

アップルウォッチを簡単にいうと、iphoneの周辺機器。アイフォンの使い勝手をよくするものです。

なので、アイフォンなしでは、apple watchを持っていても意味がありません。

アップルウォッチのできること(機能)は、

時計
デジタル、アナログはもちろん、太陽の位置や写真など色々な表示方法が選べます。
また、気温やスケジュール表なども表示可能。

電話、メールなど着信表示
iphoneで受信した電話、メールをはじめ、SNSのtwitter,LINE,Facebookなどの通知を表示します。
いちいちiphoneを取り出さなくても手元で確認できるということです。

心拍数を図る、消費カロリーや運動量を自動的に計算して表示。

通話もできる
コール、バイブで電話がきたことを知らせてくれます。
受話ボタンを押せばそのまま通話もできます。

主な機能はこんな感じです。

スマホのように、アプリをインストールして機能を追加することもできますが、今のところ、日本でアップルウォッチに対応しているアプリは20種類程と少ないです。

スポンサードリンク

アップルウォッチの機能を一言でいえば、
iPhoneの一部の機能が、手元で操作できることですね。

アップルウォッチの種類と値段

4月25日に発売のアップルウォッチは3種類。
機能に変わりはなく、使われている素材の違いです。

大きさは2種類。
時計画面の縦が42mmと38mm。
革製、金属製のバンドがあり、値段が変わってきます。

アップルウォッチの値段

Apple Watch Sport
素材はアルミニウム
値段 46,224円~52,704円

Apple Watch
ステンレス製で
値段 72,144円~143,424円

Apple Watch Edition
18Kゴールド製
値段 1,382,400~1,598,400円

アップルウォッチはどこで買える?

アップルウォッチは基本的に予約販売です。
店舗に行って購入できる場所は、超限定されてます。

アップルウォッチが購入できる店舗は、
ビックカメラとヨドバシカメラの各10店舗
アップル専門店 C smartの一部店舗
伊勢丹新宿本店
ドーバーストリートマーケットギンザ
ソフトバンク(表参道、銀座のみ)
エディオン広島本店
こんな感じです。

ソフトバンクでは、apple watch sportとApple Watchの2種類の取り扱いですが、6月30日までの期間限定で、分割払いの金利が0%のキャンペーンをやっています。分割にしたい方には、うれしいですね。
ただし分割ができるのは、ソフトバンクでiphoneを利用しているユーザーのみです。

スポンサードリンク

ネットでは、アップルストアで購入することができます。
今のところ、すぐに購入できるわけではなく予約⇒自宅に配送になります。
4月28日現在、アップルストアのお届け予定は6月です。
ちょっと待たなくてはいけないようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です