江戸川区花火大会 いたばし花火大会 どっちに行く?豪華さ、規模、混 雑、アクセスは?


毎年、同じ日に開催されている東京の江戸川花火大会、板橋花火大会。

どちらも、花火の打ち上げ数は1万発以上。
規模や内容も、都内の花火大会では、隅田川花火大会や東京湾花火大会に迫る人気の花火大会です。

どちらも、河川敷の両岸で行われるというところも似ています。

2015年は、8月1日(土)に開催(予定)、おなじ日程なので、どちらに行こうか迷っている人も多いと思います。

今日は、どっちにしようかと迷っている方のために、江戸川と板橋の花火大会の花火の豪華さ、規模、混雑具合やアクセスを比較してご紹介します。

スポンサードリンク

江戸川区花火大会 いたばし花火大会 花火の豪華さや規模は?

江戸川区花火大会の花火は、一言でいうと「豪華絢爛」。

オープニングには5秒間に1000発の打ち上げ花火でスタート。
プログラムは8つの趣の違ったテーマで構成されていて、BGMに合わせて豪華な花火が打ち上げられます。

打ち上げ総数も、国内最大級の1万4000発と、まさに豪華絢爛の花火です。

いたばし花火大会の名物は500メートルにわたる関東最大級のナイアガラの滝と1000発のスターマインの共演。

都内では最大級の5尺玉が打ち上げられたり、日本最高峰の花火師が作成した「芸術玉」が打ち上げられるなど、「実力のいたばし」といわれるほどの内容が充実した花火大会です。

打ち上げ総数は、1万1000発。
江戸川花火大会よりは少ないですが、1万発以上の大規模な花火大会です。

どちらも甲乙つけがたい花火大会ですが、江戸川のほうが、板橋よりも演出時間が長く大玉の数が多い分、どちらかと言えば、江戸川のほうが見ごたえがあるかもしれません。

江戸川 板橋 花火大会 どっちが混む?

花火の規模や豪華さも大切ですが、混雑具合も重要です。

毎年、同じ日に行われている江戸川と板橋の花火大会。

観客数を比べると、江戸川花火大会は約139万人、いたばし花火大会が96万人。

江戸川の方が知名度がある分、混んでいます。
江戸川の河川敷は前日の午後5時から場所取りが可能となっていて、いい場所で見るなら、遅くてもお昼ころには場所取りが必要です。

いたばし花火大会も来場者数は多く混雑していますが、河川敷沿いに花火が上がるため、比較的、河川敷のどの辺りでもよく花火が見ることができます。
夕方、早めに行けば、比較的良い場所もとれるようです。

混雑をさけて、河川敷にシートをひいてゆっくり花火。。。という人なら、板橋花火大会のほうがおすすめです。

花火大会の日程調整ツール 調整さん

花火大会への行き方、アクセスは?

どちらの花火大会も、最寄りの駅から徒歩15分以上とあまり近くないところがネックです。

江戸川花火大会は、江戸川の両岸(江戸川区、千葉県市川市)で行われ、どちらからも見ることができます。

江戸川区側の最寄駅は、都営地下鉄の篠崎駅。花火会場までは篠崎駅徒歩15分ほど。ただ、花火開始時間の1時間前あたりには道に人があふれるような状態になほど混雑します。だから、実際にはもっと時間がかかります。

混雑をさけるなら、JR小岩駅や京成電鉄の京成江戸川橋駅を利用したほうがよいです。
こちらからだと花火会場までは、徒歩30分ほどになります。

市川側へは総武線の市川駅が最寄駅で徒歩15分。または、京成線の国府台駅から徒歩20分です。

市川市側のほうが、江戸川区側よりも比較的すいてるので、早く行けない方はこちらのほうが良いかも。
ただ、江戸川会場の音楽が聞こえにくいことがあります。

いたばし花火大会も江戸川と同じく河川敷の両岸(板橋と戸田橋)から見ることができます。

最寄駅は、戸田公園駅。徒歩20分ほど。
混雑を避けるなら、高島平駅、浮間船渡駅から歩いて徒歩30分です。

どちらの花火大会も15分以上歩くことになるので、浴衣で花火大会をたのしみたい!という人は、下駄ではなくサンダルにするなど履物の工夫が必要かもしれません。

まとめ

江戸川花火大会といたばし花火大会の比較、参考になりましたでしょうか?

花火の豪華さ規模なら、江戸川。
混雑が少ない方をなら、いたばし。

誰と行くか?どんな花火を見たいか?など希望にあわせて選んでくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>