お中元をやめたい やめる時に失礼のないやめ方、断り方は?

お中元
お中元をやめたいと思っていても、実際にめるのってけっこう難しいです。

そもそも、お中元は日頃お世話になった人へ感謝の気持ちで送るものです。

でも、実際には、

・今は、疎遠になっていて形式的に送っている
・結婚式の仲人さんに送っていたけど、そろそろやめたい。
・兄弟や実家などと贈り合いをしているが無駄に思える
・長年お歳暮をいただき、こちらから返礼しているけど負担だからやめたい、

など、疎遠になったけど形式的にお中元、お歳暮のやりとりが続いているということもあるでしょう。

そんな時にどうしたらいいのか?
今までお世話になった方です。
お中元の辞め方がまずくて、関係が悪くなってしまってもよくありません。

お中元をやめたい時に、失礼にならないやめ方、受け取っているお中元をやめてほしい場合の断り方など、お中元をやめる時のマナーや方法を立場別(自分が贈っている場合、もらっている場合)にまとめました。

スポンサードリンク

お中元をやめたい、やめる時に失礼にならないやめ方は?

お中元をやめる方法はいくつかあります。
今後おつきあいを続けるかどうかや、自分だけが贈っているのか(もしくは、お返しがくるけど自分が目下の場合)、相手とも送りあっているのか、立場によっても変わってきます。

自分が贈っているお中元をやめる(自分が目下の場合)

本来、お中元はお世話になった人に感謝の気持ちで贈るものです。
そのことから考えれば、お世話になるようなことがなくなり、お中元をやめたいと思ったら、スパッと送るのをやめてしまっても問題ないものです。

お中元をやめたい時にどうするのか?というアンケートの結果でも、一番多いのがスパッとやめることです。

この場合、結婚や転職、引っ越しなど環境が変わる機会にやめるのがいいと思います。
というのは、こういうもうやめてもいいかなという機会をのがして長年続けていると、やめにくくなってしまうからです。

以前にお世話になった方に、何も連絡せずにやめてしまうのは。。。と思うのなら、最後に1回お中元(または時期によりお歳暮)を送るのがけじめがつけられていいと思います。

スポンサードリンク

相手にもそのことがそれとなくわかるような挨拶状「今まで、大変ありがとうございました」という感じの文言を入れれば、相手にも伝わります。
改めて「今後は贈りません」と意思表示をする必要はありません。それは、相手にも印象がよくないですし、かえって失礼に当たります。

とはいえ、お中元を贈るほどではないけど今後もお付き合いが続くような場合、急にやめずらい、、、ということもありますよね。

そんな場合は、だんだんに少なくしていく方法をとります。

1.お中元をやめて、暑中見舞いだけのあいさつにする。

2.お歳暮は、金額を落として送る

3.お中元は贈らず、暑中見舞いを送る

4.お歳暮も送らず、年末の挨拶状だけにする

このように、何年かかけて徐々におつきあいを減らしていくと、自然に関係が薄くなりやめたという感じになります。

いただいたお中元にお返ししている(自分の立場が上)の場合の断り方

お中元をいただいている、立場が上の場合、お中元は「もういいですよ、やめてください」というときにやめる方法です。

自分が立場が上の場合、お返しはしないか、半返し(頂いた半額程度のものを送る)しているのが一般的です。

今後、お中元をもうやめてくださいと辞退するときには、倍返し(もらった倍の金額の物を送る)をします。
倍返しは、もう十分ですよという意思表示になります。

そして、倍返しをする際には、「今までありがとうございました。今後はこの様なお気遣いはご遠慮いたします」という趣旨の文章を入れた手紙(お礼状)とともに送るようにすることで、相手に伝えます。

マナーの本などには、お中元を断る場合、贈られたお中元の外を包装をして、礼状とともに送り返せばよいというものもあります。

この方法は、相手が企業だったり、自分が勤めている会社でお中元などの贈り物は一切禁止となっているような場合には問題ありませんが、個人同士のやりとりの場合はとても失礼にあたります。
せっかく品物を選んで送っていただいた相手の気持ちを、無にすることにもなりかねません。

お中元を今後やめてほしい場合には、倍返しをしてお礼状で今後は気遣いしないでほしいことを伝えるほうがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

長年お世話になった方との関係をお中元のやめかたで悪くしてしまうのも残念なこと。

一番大切なのは、「今までありがとう」という感謝の気持ちではないでしょうか?

スポンサードリンク

それが表すことができれば、上手にやめることができると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です