お盆 帰省の手土産はいくら位?お供えも必要?おすすめとのしはどうする?

お盆の帰省にもっていく手土産。
いざ、用意しようと思うと、色々なことが気になりますね。

いくらくらいのものにしたらいいのか?
何がいいか?
のしはつけるのか?
お供えも必要なのか?

などなど。

結婚して初めて旦那さんの実家に帰省、なんて方は、気になることが特に多いでしょう。

今日は、お盆の帰省に持っていく手土産についてまとめました。

手土産選びの参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

お盆のお中元帰省の手土産 いくらが相場?

アンケート調査によると
帰省のお土産の値段は、

1位 1,000円~2,000円未満(34.2%)
2位 2,000円~3,000円未満(28.3%)
3位 3,000円~4,000円未満(10.5%)

帰省の手土産の相場は、1000円~3000円が7割以上です。

ただ、帰省する期間が短いなら、1000円~2000円のちょっとしたお土産でもかまいません。

帰省するのが年に1、2回で、滞在日数が数日と長め、または、お中元は送ってないような場合には、3000円~5000円くらいと少し多めにしたほうがいいですね。

状況に応じていくらのものにするか決めましょう。

帰省の手土産 おすすめは?

せっかくの手土産だから、喜んで欲しいですよね。

帰省の手土産を選ぶときには、義実家の好みや状況にあわせて選ぶとよいです。

例えば、
兄弟の家族も帰省している場合は、大人数で食べられそうなもの。
みんなで食べるときに、お皿を出したり切ったりなど手間がかからないものがよいです。

帰省先に子供がいたり帰省するようなら、ゼリーやジュースなどはあっても困りません。
親戚が集まって食事するような機会があるなら、オードブルやおつまみになりそうなハムなどチーズなども、いいですね。

義実家が夫婦2人なら、量が少なめでもちょっと高級なもの、自分ではあまり買わないようなものにするなど。

状況にあわせて選ぶことが、よろこばれるポイントです。

おすすめの手土産も紹介しますね。

お盆の帰省 手土産のおすすめ

・義両親の好きなもの、食べ物やお酒
自分な好きなものをもらえると、うれしいですよね。
好きなものを覚えていてもらったということもうれしいものです。
旦那さんと相談して、ご両親の好きなものを選びましょう。

スポンサードリンク

・住んでる地元の特産品など
遠方に住んでいる場合は、地元の名産物や旬の食べ物、その地域でないと買えない限定商品、お酒が好きなご両親なら地元の日本酒など、話のタネにもなるし、めずらしいものとして喜ばれます。

・話題のお店や流行っているスイーツなど
話題のお店やちょっと高級なお店のスイーツなどは、地方ではなかなか入りにくいです。
そういったものもお土産としておすすめです。

・お供えにすることも考えて
お盆の時期は、まず仏壇にお供えすることもあります。
仏壇があるお家なら、お供えすることの考えて、常温保管できるもの、日持ちのするものを選びましょう。

帰省の手土産とお供え、両方必要なの?

本来、仏壇へのお供え用の手土産は必要ありません。

その理由は、手土産は、まず、お母さん(お父さん)に差し上げます。
それを、お母さんが仏前にご報告するものだからです。

ご仏前を守っているのは、義実家のお母様(お父様)。
仏様にあげるものは、すべて仏守をとおすものです。

とはいえ、帰省の手土産とは別にお供えをもっていくという方も多くいます。

家によってもやり方が違います。
義実家がどのようにしているのか、旦那さんの兄弟がいるならどのようにしているのか、事前に聞いて用意したいですね。

帰省の手土産 のしはどうしたらいい?

帰省の手土産なら、通常、包装するだけでのしは必要ありません。

でも、家によって、地域によって、のしをつけているところもあるでしょう。

のしをつけるなら「暑中御見舞い」、お盆を過ぎてしまったら「残暑御見舞い」にします。

手土産なら名前を書かないことも多いです。

名前を書く場合には、フルネームにするのがよいでしょう。

お盆の時期に親戚からお中元や手土産をいただく家では、同じ苗字が多く、誰からの物なのかわからなくなってしまうこともあります。

お供えとして持っていく場合の「のし」は、「御供」とします。
関西では、黄と白の結びきりが多くつかわれていますが、全国的には、白黒の結びきりが使われています。

ちなみに「御供」にかける紙は、熨斗(のし)とは言いません。
懸け紙(かけがみ)といいます。

お土産を買ったお店で、お供え用の懸け紙をかけてくださいと言えば大丈夫です。

まとめ

いかがでしたか?

旦那さんともよく相談して、それぞれのお家にあった手土産を選んでくださいね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>