高尾山ビアガーデンの混雑(平日・土日)は?予約、営業時間、料金や料理メニュー

ビアガーデン
高尾山の中腹にあるビアガーデン「ビアマウント」は、夏季限定で営業しているビアガーデンです。

高尾山がミシュラン三ツ星を獲得したことや、東京の夜景を眺めながらビールや食事を楽しめることから、人気ビアガーデンです。

2015年は6月15日(月)から10月15日(木)まで営業しています。

土日や夏休み、お盆は混雑必須!

今日は、高尾山ビアガーデンの混雑度(平日、土日)はどうか?予約のこと、営業時間、料金やメニューなどまとめました。

スポンサードリンク

高尾山ビアガーデンの混雑度(平日、土日)はどれくらい?

高尾山ビアガーデンに、夏休みや土日に行こうと思ったら、待ち時間を覚悟で行く必要があります。

混雑時期は待ち時間が2時間以上になることも。
特に混雑するのは、土日。
夏休み期間中は、金曜日も土日と同じくらいの混雑になることが多いです。

また、待ち時間がどれくらいになるかはタイミング次第というところも。

その理由は、ビアガーデン整理券のシステムにあります。

高尾山のビアガーデンは、食べ放題・飲み放題2時間制、土日祝日、お盆は延長は一切できません。
そのため、オープンのタイミングで席がいっぱいになると、次に入れるのが2時間後になります。

席は600席と規模が大きく、一気に入れ替わる感じなので、例えば土日でも2時間ごと区切りの時間少し前に行ったら、あまり待たずに入れたというラッキーなこともあります。

一番混雑するのが、17時~18時くらい。
食事をしながら日没後夜景がみえるタイミングです。

一番入りやすいのは、オープンと同時に入ること。
土日だと、1時間前までに行けば、だいたい営業開始時間に入れます。
平日であればオープンと同時に満席ということは少ないですが、夕方5時以降は待たないと入れません。

スポンサードリンク

また、整理券は来た順番で配布され、時間指定はできません。
日にちや時間によっても混雑度は変わるので、まずは、整理券をもらってから高尾山を散策して時間まで待つのがおすすめです。

高尾山ビアガーデン 予約は?

高尾山ビアガーデンは、限定的に予約もできます。

予約できるのは平日のみ。土日、祝日、お盆は予約できません。

人数にも条件があって、7月中は10名以上から、8月中は20名以上から予約ができます。

2015年の予約受付も開始しています。予約は電話で行います(TEL:042-665-9943)。

高尾山ビアガーデンの営業時間、料金、食事のメニューは?

営業時間

土日と平日でオープンの時間がかわります。
オープンと同時に行かれるかたは、気を付けてください。

平日: 15:00~21:00
土日祝: 6/20~7/12 14:30~21:00
上記以外  13:00~21:00
お盆期間:8/13~8/16 13:00~21:00

料金

食べ放題・飲み放題の2時間制

男性(高校生以上) 3,500円、
女性(高校生以上)3,300円
中学生 2,500円、
小学生 1,500円
幼児  500円

料理、飲み物のメニュー

料理は和・イタリアン・中に加えて冷菜やB級グルメなど30種類以上。600席と席数も多いので次々に補充される感じです。
デザートもあります。

飲み物も種類豊富です。ビアガーデンだけあってビールは銘柄が多いです。

<ビール>
アサヒスーパードライ、スーパードライブラック、ハーフ&ハーフ、キリン一番搾り、ハートランド、ハイネケン、サントリープレミアムモルツ、サッポロ黒ラベル

その他に麦焼酎、芋焼酎、サワー6種類、赤、白ワイン、カクテル。

ソフトドリンクも10種類以上あります。

まとめ

いかがでしたか?

東京の夜景をみならがビール、気持ちよさそうですが、混雑具合はなかなか大変ですね。

混雑をさけるなら平日。

スポンサードリンク

土日でも、夏休み明け直後は比較的すいていますよ、とビアガーデンの方が言ってました。
参考にしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です